ef


minori制作のゲーム「ef」の感想、紹介記事を書きたいと思います。  ※PS2で全年齢版あり、プレイ時間目安:35~40時間(first、latter合わせて)

123318781789716127606_ef-062.png

  ・感動・・・10
・ハマり度・・・8
・キャラ・・・9
・音楽・・・10
・CG、演出・・・10+
・総合・・・10

アニメ化もしている、minoriの名作「ef」。ネットで中々有名なこの作品。

始めてやった時はビックリしたんですが、この作品は「群像劇」というジャンルになっていて、普通のエロゲー(アドベンチャーゲーム)とはかなり違った感じになっています。

なんだか映画を見ているような感じに近い気がしました。

この作品は5人の男女の物語をそれぞれの視点で描いたものなんですが、一つ一つの物語は独立して完成しているようで、それぞれが何らかの形で関わっているのが段々とわかってきます。

物語の内容自体は特別驚くようなものではなく、割と平凡(特に前半)なんですが、このゲームの魅力は、

「かなり細かい演出、美しいBGMとグラフィック、緻密な心理描写」に違いないと思います。

これらが物語をより素晴らしいものに引き立てている印象を受けました。

あらすじ
現役の学生でありながら少女漫画家でもある広野紘

クリスマスの夜、彼は2人の少女と出会った

教会で誰かを待ち続けているという謎の女性・雨宮優子

ひったくりにバックを盗まれ、それを追いかけるために紘の自転車を奪った少女・宮村みやこ

その冬、紘は学業と作家・・・現実と夢のどちらを選ぶかという選択に揺れていた。

なにものにも縛られず、自由に生きるみやこに惹かれていく紘

しかし、彼を見つめる少女が、もう1人いた。

紘の幼なじみであり、妹のような存在でもある新藤景

小柄な身体にも関わらずバスケ部のレギュラー選手として活躍する彼女は、常に顔をあげ、前進し、みやことは別の道を紘に示していた。

他愛ない学園生活のなかで触れあう、1人の少年と2人の少女

その関係は、やがて恋心へと移り変わってゆくが・・・その糸はひどくもつれていた。

夢と現実の選択。2人の少女との関係。相対する2つの問題に、紘はひとつの答えをだす

・ストーリーについて(シナリオ:御影、鏡遊)

もちろん、ストーリー自体もいいんです。

前編の方は、「まあ、けっこういい話かな。」というくらいでしたが、後編の方は話の内容もけっこう重くなりますし、感動も大きくなってきます

この物語のクライマックスを飾る、火村夕と雨宮優子の物語から、バラバラだったピース埋まっていき、段々真相に近づいていくんですが、ここからは本当に面白いし、感動します

特にラストの感動は非常に秀逸

美しい音楽とCG、そしてキャラクターの想いと言葉に鳥肌が立ちました。

とても悲しい物語ではあるんですが、鬱になるような感じではなく自然と前向きになれるような、心温まるメッセージ性がある物語でした。

・キャラについて

ヒロインたちが可愛くても萌えるのももちろんあるんですが、この物語のキャラクターたちは、漫画家、小説家、音楽家、画家などを目指していたり好きだったりと、芸術肌の人間が多いのはとても特徴的で、見所でもあります。

少々癖がある性格のキャラも割といるんですが、見ていて不快になるような感じではなく、「こういう奴もいるんだー。」って感じでどちらかというと、見ていて面白い癖です。

また、性格はそれぞれ全然違うんですが、ヒロインはみんないい娘ですし、各物語の主人公たちもあまりへタレないですし、好印象を持ちやすかったです。


・音楽、CG、演出について(音楽:天門、柳英一朗、歌:原田ひとみ、原画:七尾奈留, 2C=がろあ~)

上にも書きましたがこの作品においては「音楽、CG、演出」。これらが一番の魅力だと思います。

ありがちなシーンだとしても、緻密な演出と、美しいグラフィックと音楽によってそのシーンの引き立てる。とにかく「見せ方が上手い」と思いました。

CGの多さは半端じゃないです。(普通のエロゲの10倍くらいはありそう)

普通のエロゲだったら、キャラの立ち絵が入れ替わるだけのような会話のシーンでも、場面に合わせてCGは変わりまくります。

キャラ絵も可愛いんですが、やはり背景の美しさがより目を引きましたね。

aasasasaeefascasccsscasaczaazz

そして美しいグラフィックに美しい音楽、特にヴァイオリンが素晴らしい。

言葉とはまた違い、そのシーンの感情が伝わってくるような演出は本当に素晴らしかった。

・まとめ

既に書いてますが、とにかくこの作品は「CG、演出、音楽を駆使した見せ方が上手い」です。

グラフィックの美しさ、演出の凄さで言うと、「魔法使いの夜」には及ばないかもしれませんが(それでもトップクラス)、「そのシーンを引き立てる見せ方の上手さ」は私がやってきた作品中一番だと思います。

以下の要素を求める人には特におすすめしたい作品です。

・感動

・音楽が良い

・CG、演出が良い

デモムービー↑



迷っていている人は体験版もありますので、よろしければどうぞ↓
http://www.minori.ph/lineup/ef/

ちなみにこの作品には「天使の日曜日」というファンディスクがあり、各ヒロインのアフターストリーと「もしあの時、こうなったいたら。」という「if」の物語が収録されており、本編を楽しめた人は満足できる内容になっていると思うので、本編をクリアしたら是非こちらもおすすめです。

ブランド公式
banner05


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素晴らしき日々 ダウンロード販売

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です