EVE burst error 感想、レビュー かなり面白いけどシステムがめんどくさい


シーズウェア制作のゲーム「EVE burst error」の感想、紹介記事を書きたいと思います。  ※PS2で全年齢版あり、プレイ時間目安25~30時間

関連画像

けっこう古いですが、業界ではかなり有名な作品。慣れないシステム面に面喰ったが、シナリオの面白さは本物でした。

  ・感動・・・8
・ハマり度・・・10+
・キャラ・・・9
・音楽・・・8
・CG、演出・・・8
・総合・・・9

あらすじ
大手探偵事務所の 敏腕探偵だった天城小次郎(主人公)。

しかし、犯罪に手を染めた事務所所長を逮捕に追い込んだことによって、自身も事務所を去ることになった。

現在は港の倉庫に事務所を開設し、探偵の仕事を再開したものの、ライセンス停止中のため仕事はさっぱりの状況だった。

そんなある日、とある絵画の 場所を特定して欲しい、という依頼が舞い込んだ。

その話を持ってきたのが自称フリージャーナリストの柴田茜だったこともあり、何処か胡散臭さを感じながら も、依頼を引き受けた小次郎だったが……。

・ストーリーについて(シナリオ:菅野ひろゆき)

まず、プレイし始めて真っ先に思ったんですが、システム面は正直けっこう不満ありです。

シナリオをどんどん読み進めたいんですが、誰誰に話しかけるだとか、どこに移動するだとか、いちいち選択肢だ出て選ばなきゃならないのは中々にめんどくさかったです。

sdsfsasdda

↑こんな感じで主人公の行動をいちいち選ばされる

冷蔵庫に入るだとか街中で脱ぐだとかふざけた選択肢もあるので、それを選んだ時の主人公の反応とかはちょっと面白かったりしますが、 純粋にストーリーを楽しみたい人からしたら、厄介なシステムです。

いきなり不満を言いましたが、面倒なシステム面はともかく、ストーリー自体は非常に面白い。

ハマり度で言えば一級品だと思います。

推理物で、どんどん核心に近づいていくのですが、とてもよく練られていると感じる出来になってます。

読み進むにつれ、分かってくる真実、それぞれのキャラ同士の繋がりなど、伏線の張り方が上手くて、どんどん読み進めたくなります

特に中盤からは怒涛の展開が続き、目が離せなく、そのままラストまで突っ走った感じなりました。

また、 最後の最後まで読ませない展開で、ラストの伏線回収も圧巻でした。

あと、僕のように「選択肢が面倒。」という人はこのサイトを参考に進めればかなりスムーズに物語が進行するはずです↓(僕もそうしました。)
http://sakuhindb.com/howtoj/7_EVE_20burst_20erro/6_BDBDB7E6BDB8/

ただ、あまり下に行き過ぎるとまだプレイしてないところの選択肢が見えてしまい、ネタバレになりかねないので、気をつけましょう。

・キャラについて

主要キャラ紹介

天城小次郎

c145chara1

「小次郎編」の主人公。
かつては大手の桂木探偵事務所の腕利きの探偵として活躍していたが、ある事情で事務所を辞める。

その後、自ら事務所を開設するも、ライセンス停止中のため仕事はほとんどない。しかし、今でも探偵としての一流であり、衰えてはいない。

・法条まりな

c145chara2

「まりな編」の主人公。内閣情報調査室のトップエージェント。
任務達成率99%を誇る凄腕だが、とある事情から、アメリカに左遷させられる。
今回、日本に呼び戻され、新たな任務に就くが……。
桂木探偵事務所所長・弥生とは親友の間柄。

・桂木弥生

c145chara3

桂木探偵事務所所長。かつては小次郎と恋人同士の間柄だったが、父親の逮捕をきっかけに別れる。

父と小次郎、2人の優秀な探偵を失い、失墜した事務所の信頼を回復させようと奔走している。

・御堂真弥子

c145chara4

エルディア国駐日大使ロス=御堂の令嬢。
政治上の理由からテロリストの標的になっている。

物静かでおとなしく、しっかりした優等生に見えるが、心の奥底に弱さを隠し持っている。

・プリン

c145chara6

不良に囲まれているところを小次郎に救われた少女。
以来、小次郎に懐いてしまい、離れなくなってしまう。外国人でありながら、日本語は達者。
右の瞳が金、左の瞳が青と左右の瞳の色が異なる、所謂ヘテロクロミア。

主人公の小次郎とまりなを始め、 渋いというか、「大人な魅力」を感じるキャラが多い です。

また、上でも書きましたが、大人な面と共に、馬鹿な選択肢を選んだ時の反応など、ふざけたノリをするところもまた面白かったです。

女性キャラはみんな可愛いし、内面的にも魅力的でしたし、時にかっこよく、時に面白い、二人の主人公、小次郎とまりなはかなり好きになりました。

・音楽について(音楽:梅本竜、高見龍)

BGMは 推理物であるこの作品によくマッチしていて良かったと思います。

・CG、演出について(原画:田島直)

この作品はやたらとリメイクされていて、初期の方とリメイクとではビジュアルがかなり変わってます。

初期↓

473049-eve-burst-error-pc-98-screenshot-aww-s

fsdfssfd

リメイク↑

声優の変更などもかなりされているようで、ファンの中には 「初期の方が良かった。」という声も割とありますがCGの綺麗さを気にする人はリメイクの方をおすすめします。

リメイクの方も今からは10年くらい前にはなって、最近のと比べれば劣ってしまうのは仕方ないですが、古臭さを感じる程ではなく、キャラ絵は可愛いし、背景も普通です。

bdfbddfbbbdbfdsdffgsfddgdgdsssddsvsdsdsd

また、ゲーム中、アニメーションも 何回かはいりますが、別にクオリティはそんなでもないんですが、けっこう面白かったです。

・まとめ

業界ではかなり有名な作品だったので、期待してプレイしましたが、最初こそ、慣れない面倒なシステム面に面喰いましたが、シナリオはの面白さは評判を違わぬクオリティでした。

以下の要素を求める人には特におすすめしたい作品。

・ハマる

・ミステリー

・ハードボイルド

上でも書きましたが僕はリメイクの方をプレイしたんですが、現在、入手が容易なのは、初期の方になっていて、DMMとかGyuttoで大体3000円くらいでダウンロードできます↓

EVE Burst error ダウンロード版(DMM)

比べて、僕がプレイしたリメイクの方は、かなり高額になっていて、僕は15000円(これでも再安値でした)で購入しました。(後3個だったので、売り切れるとより入手困難になるかも)

ただ、PCでのプレイに拘らなければリメイクはPS2版でありますので、こちらは入手が容易になってます。

繰り返しになりますが、値段が張ってもCGの綺麗さを気にする人はリメイクの方を、CGは古くても安い方が良いという人は初期の方をおすすめします。


名言集はこちら

ちなみに初期の方は僕の大好きな声優さんの一人である若本規夫さんも出演しているので、若本ボイスが好きな人には良い情報でしょう。(車輪の法月のとっつぁんやコードギアスのシャルルの声の方です。)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素晴らしき日々 ダウンロード販売

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です