FORTUNE ARTERIAL


AUGUST制作のゲーム「FORTUNEARTERIAL」の感想、紹介記事を書きたいと思います。 プレイ時間目安:25~30時間

Fortune_Arterial_game_cover

  ・感動・・・8
・ハマり度・・・9
・キャラ・・・8
・音楽・・・9
・CG、演出・・・10
・総合・・・9

AUGUSTの第五作目。普通にAUGUSTらしい良作なんですが、前作「夜明け前より瑠璃色な」と次作「穢翼のユースティア」と比べてしまうと、若干劣っているかなというところ。

あらすじ
海上交通の要である『珠津島』(たまつしま)。そこには、桜の名所・珠津山や枯れない池と伝えられる千年泉がある。

支倉孝平は、父親の海外転勤を機に7年ぶりに珠津島へ戻り、6年制・全寮制の英国パブリックスクール風名門校『修智館学院』(しゅうちかんがくいん)へ転入する。

幼馴染みである悠木姉妹との再会、八幡平司という友人を得るなど、順調なスタートに見えた学院生活だったが、悪戯好きの生徒会長・千堂伊織の策略により、妹で副会長である千堂瑛里華が入っている風呂場へ突入することに。

一躍有名人となるものの、会長の策略と判明して騒ぎも集結。瑛里華とも仲直りを果たした。

しかし伊織は孝平に、自らと瑛里華が吸血鬼であることを明かす

伊織の吸血シーンを見て衝撃を受けた孝平は、瑛里華によって記憶を消してもらう選択を一度は取るものの、瑛里華の涙を見て記憶を残すことを選ぶとともに、スカウトされていた生徒会へ入ることを選んだ

入会そうそう体育祭の実行委員長に選ばれた孝平は、持ち前の行動力とその性格で実行委員たちを始めとする周囲の信頼を得、体育祭を成功させる。

そして孝平は、学院生活を通じて一人の女性と親しくなる。

・ストーリーについて(シナリオ:榊原拓、内田ヒロユキ、安西秀明)

王道的な学園ものなんですが、それに不似合いな「吸血鬼」という要素を取り入れている今作。

ルートによってかなり違うんですが、「吸血鬼」というテーマが絡んでくるルートと全く関わってこないルートがあります。

攻略順としては「吸血鬼」というテーマが関係ないルートからやっていった方が良いと思います。

悠木姉妹→白→桐葉→瑛里華→trueの順がおすすめですかね。(桐葉と瑛里華は逆でもいいかも)

「吸血鬼」が関係ない悠木姉妹ルートも普通にいい話ではあるんですが、「吸血鬼」が関係してくるルートの方が、「吸血鬼とは何か?」という謎があるので読んでで面白いですし、引き込まれます。

AUGUSTらしい全ヒロインルート攻略後のtrueルートも健在で、全ルートであった伏線も見事に回収されていて、感動できるし、素晴らしい出来でしたが、それだけに最後の最後はちょっとあっけなく終わってしまった感が残りました。

メッセージ性もあるんですが、前作「夜明け前より瑠璃色な」と比べるとちょっと弱いかなって感じです。

また、「吸血鬼」とはいっても全然殺伐としてはいません序盤に「おっ!」となるシーンは一か所ありますが、バトルとか血なまぐさい展開は皆無です。

・キャラについて

主要キャラ紹介

・支倉孝平
Kohei_Hasekura
本作の主人公。修智館学院5年生。親の都合で転校を繰り返してきたが、薄い人間関係しか築けない生活に嫌気が差し、全寮制の修智館学院を転校先に選んだ。

常識人で適度に熱い好青年。見かけで人を判断することがなく、周囲から敬遠されている八幡平司ともすぐに友人関係を築いている。
・千堂 瑛里華(CV:観村咲子)
erika-sendou
学業・運動共に優れ、容姿も端麗。生徒会副会長も務めている。性格は好奇心旺盛でストレート。いつも何か面白そうなものを探して、瞳を輝かせている。

一度行動を始めると止めるのが難しく、むしろ止めに入った人まで巻きこむパワフルさを持つ。
・東儀 白(CV:姫川あいり)
shir0-tougi
4年生。無口な上に人見知りをする性格。色白ではかなげな容姿からは、繊細なガラス細工のような雰囲気が感じられる。

どんなときでも兄の言葉を最優先にする、かなりのお兄ちゃんっ子。
・紅瀬 桐葉(CV:楠鈴音)
kiriha-kuze
主人公のクラスメート。教室では常に一人で過ごしているが、それを寂しがっている様子はない。容姿・プロポーション共に抜群。

たまに主人公が話しかけても、必要最低限の返事ですまされてしまう。

・悠木 かなで(CV:雛見風香)
kanade-yuuki
主人公の幼なじみで、陽菜の姉。いつもハイテンションかつマイペース。

いかに主人公を甘やかすか、という独自の基準に基づいて行動しており、それなりのつきあいがないと彼女の行動は予測不能。

・悠木 陽菜(CV:鷹月さくら)
haruna-yuuki
主人公のクラスメート。かなでの妹で主人公とは幼なじみ。とても気配り上手のしっかり者。破天荒な姉の行動にため息を吐く毎日だが、実はそれなりに楽しんでいるようだ。

明るい性格と面倒見の良さで学年問わず友人が多い。

比べてばかりで申し訳ないのですが、やはりキャラについても決して悪くはないんですが、前作「夜明け前より瑠璃色な」と今ひとつという感じです。

主人公については、特に癖もなく、見てて不快にならない、誠実で好印象なんですが、やはりヒロインの差が大きいですね。


「萌え」
については言えば大差ないんですが、前作のメインヒロインであるフィーナや他数名のヒロインがあまりに人として素晴らしかったために、今作のヒロインたちも決して悪くはないんですが、強烈に記憶に残るような濃いキャラがいませんでした

もちろん、それぞれキャラは立ってますし、魅力的なヒロインたちではあるんですが、前作のヒロインたちと比べると少し弱い。

ただ、男キャラに関しては、唯我独尊の生徒会長の伊織、クールでシスコンの征一郎、大衆に群れず、アウトローの司と、今作は中々充実しています。

・音楽について(音楽:ActivePlanets、歌:真優、Mizuho、ちっち、Veil、Lia)

音楽については段々良くなってきてる気がします。trueルートでシリアスな雰囲気なBGMは中々良かった。

OP、EDはそこそこいいって感じです。

・CG、演出について(原画:べっかんこう、脳みそホエホエ)

絵についてはべっかんこうさんの独特なキャラ絵は、もう上手いとか下手とかというより好みな感じがします。

20080623160649

プリホリやはにはにの時から良くも悪くも安定してる気がします。(もちろん、安定しながら、段々綺麗になってますが)

特に、背景は作品を経るごとに綺麗になっていく感じがしますね、空とか海とか自然の美しさが感じられます
efsfssfsdehehegrg

まあ、背景とか言いつつ、僕はスカートの中にも注目してしまう輩ではありますが↑

・まとめ

シナリオ良し、キャラ萌えあり、普通に良作です。AUGUSTファンならやって損はないでしょうし、癖もなく初心者の人にもおすすめしやすい作品。

ただ、個人的には前作「夜明け前より瑠璃色な」と次作「穢翼のユースティア」と比べると、いささか劣る感は拭えませんので、やるなら先にこっちをやった方がいいかもしれません。

特に以下の要素求める人にはおすすめ。

・安定

・キャラ萌え


OP↑

FORTUNE ARTERIAL ダウンロード版

気になっている方は体験版がありますのでこちらからどうぞ↓
http://august-soft.com/fa/download.html

ブランド公式
AUGUST


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素晴らしき日々 ダウンロード販売

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です