ハロー・レディ!


暁ワークス制作のゲーム「ハロー・レディ!」の感想、紹介記事を書きたいと思います。 プレイ時間目安:20~25時間

ハロー・レディ!初回版

  ・感動・・・10
・ハマり度・・・10
・キャラ・・・10
・音楽・・・9
・CG、演出・・・9
・総合・・・10

暁ワークスの最新作「ハロー・レディ!」。新作のエロゲでは一番期待していたのがこのゲームです。

あらすじ
天河ノーブル・スクール――――

様々な社会問題が人類の行く手を遮る21世紀

各地から素質ある若者を集め、輝ける未来を作る『ノーブル』として鍛え上げようという、選ばれた者たちの最先端エリート学園が『天河ノーブル・スクール』である。

そして、〈スクール〉の頂点として俊英たちを統べるのは、〈クラウン〉と呼ばれる五人の美しい少女たち。

そんなある日、〈クラウン〉の筆頭、音無朔は、テロリストの襲撃を受け、窮地に陥る

朔を救ったのは―――――唐突な春の風にも似た男。

『そんな、六人目だなんて……それも、【男性】が』

『成田真理だ。音無朔』

彼こそは転校生。

六人目の〈クラウン〉として〈スクール〉に招かれた、風雲児、成田真理だった。

しかし。

成田真理は、〈スクール〉の秩序に真っ向から異を唱える

「私は、意志の名の下に為すべきを成し、この小さな庭に変化をもたらすだろう」

「―――音無朔が命じます。クラウンの名において、成田真理は見過ごしにできません」

〈スクール〉と、気高き少女たちの前に、出逢いという名の風が吹き始めていた――――――

・ストーリーについて(シナリオ:日野亘、衆堂ジョオ)

購入する前にOPを見て、あらすじを読んだ時は「学園ラブコメっぽいな。」と思っていて、プレイし始める時もそのつもりで始めたんですが、、、、、、、、、正直かなり裏切られました。

ただ、がっかりしたんではなくて、いい意味で裏切られました。

ある程度読み進めると解ってくるんですが、ただヒロインと主人公が仲良くなっていちゃいちゃするような感じでのゲームありません。

バトルあり、策略あり、序盤から至る所に伏線がちりばめられていて、読む手を中々休ません。

共通ルートの、読者を引きつけるような終わり方は特に秀逸でした。

伏線を張りつつ、比較的穏やかだったストーリー展開が共通ルートから個別ルートになった時にがらりとシリアスな展開になります。

個別ルートは一応それ一つで完結という形になっていますが、一つ二つやってもまだまだ謎は残っていて、次のルートをクリアして真相を知りたい気持ちを刺激します。

また、非常に多くのメッセージ性がある作品で、プレイ中、様々なことを考えさせてくれました。(特に主人公の言動)

・キャラについて

主要キャラ紹介
・成田 真理(CV:梅咲チャーリー)
shinri-narita
本編の主人公。
スクールを統べるクラウンの六人目、また唯一の男性として、理事長・御門黒船に招かれてきた転校生。謎めいた過去と、圧倒的な実力を秘める。

何ものにも揺るがない、強い意志の持ち主。まるで世界が自分中心に動いているかのように振る舞うが、価値あると認めた者には敬意を払う。
・音無 朔(CV:遥そら)
saku-otonashi
スクールを統べるクラウンの筆頭。即ち、全学生の頂点であり、尊敬と畏怖を一身に集める “最もノーブルに近い” 少女。

転校してきたばかりの成田真理のエスコート・パートナー(案内役)を任命され、日々の行動を共にする。女王に相応しい、気高く、誇り高い少女。
・桂木 空子(CV:水崎来夢)
sorako-katsuragi
クラウンでは会計を務めている。開設されてまだ間もないスクールでは、朔と共に最古参メンバーの一人。

有名な資産家・桂木新山の娘。 お嬢様である。どういう理由なのか、普段から男装をしているが、振る舞いはいたって乙女。

・赤人 珠緒(CV:北見六花)
tamao-akahito
クラウンでは最も新しいメンバー。総務を務める。元はヤンキー少女であったらしく、素行がちょっぴり荒っぽい。

言葉遣いが悪いと、よく朔からお小言を喰らっている。運動面では天才少女で、実家に伝わる古武術らしき独特の格闘技を修めている。 その強さはまさに圧倒的。
・鷹崎 エル(CV:桜坂かい)
eru-takasaki
クラウンの最年少メンバー。書記を務める。かつて朔のキャバリエ (身の回りの世話をする役割) だったためか、現在でも “朔の騎士” を自認している。

冷静で、ほとんど無表情。 自称 “クラウン一の策士”。朔大好きで、朔は正しく、朔に敵対するヤツは死ね。

ストーリーについても申し分ないこの作品ですが、個人的にはこのゲームの一番の見所は「主人公の魅力」だと思います。

ヒロインもそれぞれキャラが立っていて、十分魅力的なんですが、主人公のキャラの濃さは半端じゃないです。

とにかく言動が清々しいほどにぶっ飛んでいます

癖があり濃すぎるキャラは、見ていて不快になることもあるんですが、この主人公に関してはそれがなく、ぶっ飛んでいながら一本のぶれない芯が通っていて、「次、何をやらかしてくれるのか」と見ていてとても面白いし、かっこいいし、考えさせてくれるものがあります

成田真理、この男には魅せられます↓
eff

成田真理のかっこいい名言、一部紹介↓

「自らの行いで買う怒りであれば、私は、その全てを甘んじて引き受けるとも。」
「ルールに縛られぬ者が、ルールに守られるわけもない。それは必然だ。そして、その覚悟が私にはある。自らの信じるところを押し通す。及ばざれば、いつなりと野垂れ死ぬ。それだけのことだとも。」

・音楽について(音楽:井ノ原智、Meis Clauson、ユージ・ナイトー、椎名俊介、山田屋カズ、真里歌、中山マミ、歌:真里歌)

音楽も何気にかっこよかったです。とくにBGMが良かったです。

・CG、演出について(原画:さえき北都)

安定して好きな絵ですが、遡って「コミュ」あたりと見比べてみると、キャラ絵、背景ともに段々綺麗に、というか見やすくなってると思いました。
img_0うぇfimg_0

演出も良くなってきてると思います。バトルシーン自体ははそんなでもなかったですが、共通ルートの終わりの時と、あといくつか、ドキッとさせてくれる演出があったのが良かったですね。

あと、コミュ、るい智に続き、異能を発現させる時の演出も段々洗練されてきて、けっこうテンション上がります。

255e9920998dfee6cf28ab9dac0680a42a6f04a4.97.2.2.2.jpg thum=53

・まとめ

感動の面で言うと、「るいは智をよぶ」の方が上だと思いますが、引き込み度、キャラの魅力と全体的には暁ワークスの中で一番の傑作だと思います。

以下の要素を求める人には特におすすめしたい作品。

・主人公最強
・ハマる
・メッセージ性が強い


OP↑

ハロー・レディ! ダウンロード版


いつの間にか、続編も出たようで、続編と本編セットも出てます↓

補足ですが、ちなみにエロは薄いです。

ブランド公式
akatsuki_works

以下の記事は私がこのゲームをやって考えたことです。(ネタバレは極力無し)興味がある方は是非読んでみて下さい。


いろいろと深いメッセージ性があった今作ですが、一番印象に残ったことは、「犠牲」と「罪」です。

突き詰めれば、私たちは自分のため、自分の大切なもののために、他の誰か、何かを殺しているという残酷な事実があると思います。

例えば、エロゲを買うお金がなくて、割って無料でやっている人やばれないからといって食い逃げを繰り返す人がいるとします。

その人はどうしてもエロゲをやりたい、腹が減ったからごはんを食べたい、でも買うお金が無いから仕方ないから盗む、そんな繰り返しが、そんな自分一人だけと思えることの積み重ねがそのゲーム制作や飲食店に携わる人の人生を壊したり、長い目で見れば殺す事に繋がらないでしょうか?

僕自身の例ですと、僕は盗む事はしていませんが、服装に全くと言っていいほどこだわりが無く、「それにお金を払う余裕もないからただで済むならそれで済ませよう」という考えの人間です。

もし、誰もが僕と同じような考えで、服装に全くこだわりが無く、お下がりばかりで服を買わなかったらその仕事に携わる人々はどうなるでしょうか?

「誰もが自分の生かしたいものを生かし、興味が無い、大切でないものを殺している」これはこの世の一つの真理だと言えると思います。

そして、それは間違いなく「仕方がないこと」だと思います。

しかし、「仕方がない」と割り切るからいって、決して忘れていいものではなく、「自分のために、今まで何を犠牲にしてきて、これからもそうし続けるのか。」そのことをしっかり心に刻むこと。

ただ、前進するのでなく、「これまで生きてきた道で背負ってきた罪を忘れないこと。」そのことの重要性、それこそが人間をより人間足らしめるということをこの作品を通して、私は強く教えられた気がします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素晴らしき日々 ダウンロード販売

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です