戦女神ZERO


Eushullyによるゲーム「戦女神ZERO」の感想、紹介記事を書きたいと思います。 プレイ時間目安:50~55時間(一周で)

 

  ・感動・・・9
・ハマり度・・・10+
・キャラ・・・10
・音楽・・・8
・CG、演出・・・8
・総合・・・10

昔、大体ゲーム性がないシナリオ重視のエロゲばかりやってるんですが、割とRPGが好きで、よくFFをやっていたんですが、エロゲの本格RPGがあることを知ったきっかけなのがEushullyさんによる、この戦女神シリーズ。

RPGとしても面白いし、シナリオもいいという、シリーズの中でもかなり優れていて、おすすめしたいのがこの「戦女神ZERO」。

あらすじ
神々の戦いにより二つの世界が融合して創生された「ディル=リフィーナ」と呼ばれる世界。

 そこで生まれた剣士セリカ(主人公)は、嵐の神の使いとして、剣と魔法の腕を磨き、魔物や民族の争いによって苦しめられる人々の為に戦っていた。そんなある日、セリカは邪悪な神器を浄化する方法を探すよう、神殿より依頼を受ける。

廃都で出会った謎の少女サティアや、姉のカヤと神殿の仲間たち。そしてセリカと出会った多くの人々はやがて、神器と神の力を奪い合う運命の戦いへと巻き込まれていく

・ストーリーについて(シナリオ:松江旺來、矢田影見)

僕はRPGは好きなんですが、やはり 「ストーリー性」は非常に重要視する派で、FFなんかでも、1とか2とかみたいに、主人公の名前がないとか、いくらRPGとしてのゲーム性が高くても、ストーリー性が無いのは嫌なんです。

ストーリー性があってRPGも楽しめるエロゲといったら、この作品でも紹介している「うたわれるもの」がありますが、あちらはシナリオはとてもいいんですが、RPGの方は全く面白くないというわけではないんですが、少々敵が弱すぎて攻略が簡単っていうのがありましたが、

この戦女神ZEROは シナリオもいい上に、RPGとしての完成度も非常に高く 、戦略とかちゃんと考えないとゲームオーバーになってしまうくらいのやり込み度があります。

ストーリーの内容は、ディル=リフィーナというエウシュリーの 戦女神シリーズ共通する独特の架空ファンタジー世界が舞台となっていて、壮大な世界観がまず魅力。

人間以外にも エルフ、ドワーフ、悪魔、天使といったいかにもファンタジーと言った感じの種族もいっぱい登場してるところもいいですね。(もちろん、美少女化されてますが)

話自体は「鬱ゲー」っていう程でもないですが、悲しい展開が多いです。やってて気が滅入ってくるほどではありません。

また、物語としても常に先が気になるような展開なので、続き読みたさに、 どんどん進めていくうちにかなり時間が経ってしまうというような中毒性もあります。(やり出すとハマる人はだいぶハマると思います)

僕はこれをやっている時は寝る時間がずれて、生活リズムがめちゃくちゃになってました。

・キャラについて

主要キャラ紹介
・セリカ
celica
主人公。純粋な正義心と卓越した剣術、大きな可能性を秘めた魔法能力から、人々には「勇者」と呼ばれることもある。

だが、本人は勇者と呼ばれることは好まず、剣を揮うのは人々の幸せのため。自分の身を顧みず、普段の生活に関しては非常に無頓着。
・サティア(CV:かわしまりの)
satia
廃都で出会った、不思議な雰囲気の少女。セリカとの出会いに運命を感じており、またその考え方に共感を持って、共に旅をすることを申し出た。
知識の神の元で伝承や民族の暮らしを調べているためか、人や物に対する好奇心が強い。物静かで回りの空気に溶け込むような雰囲気を持っている。
・ハイシェラ(CV:かわしまりの)
haishera
人が踏み込まない竜族領から亜人間領を根城とする、恐るべき女魔神。
神出鬼没で性格は残虐。だが、潔しを好み、卑怯な行為を憎むという面も持っている。

・カヤ(CV:芹園みや)
kaya
嵐の神バリハルトの神官にしてセリカの姉。神官としての能力はセリカに勝るとも劣らない。
明るくサバサバした性格で、弟のセリカをからかうことが大好き。

キャラクターはかなりいっぱい出てきます。人間以外にも上で書いたようにいろいろな種族がいるので、羽根が生えてたり、角が生えてたりと ビジュアル的に多種多様で、飽きないです。

そして、とにかくみんな格好がやたらとエロいです。最初から裸なんてのもいますし。

キャラについては可愛いとか萌えっていうよりは「とにかくエロい」っていう印象が残りましたね。

外見的にも性格的にも濃いキャラが多いのはいいですね。キャラはいっぱいいるんですが、みんなそれぞれキャラ立ってますし。

そしてなにより、 RPGならではのキャラへの愛着というものが楽しめます。

キャラを育てて強くして、一緒に旅をしたり戦ったりするというのは、やはりRPGならではの楽しみです。

しかも、 「戦女神」は全六作にもわたる超壮大なシリーズもの(この作品がその中で最初の物語になってます)になっているので、キャラに対する愛着は一層強まります。

・音楽について(音楽:有限会社クワイア、歌:ちづ)

音楽については、過去作に比べるとけっこう良くなってると思いますが、まあけっこう普通かなって感じです。

・CG、演出について(原画:鳩月つみき)

過去作と比べるとCGはかなり綺麗になったと思います。

sfsdfdsfsdfsdfhfdfhhfhg無題sだあsだsっだsds無題asadsaddsa

アドベンチャーパート(文章を読むパート)での演出面は特に不満もないですが、特筆することも無い感じです。

・RPG面について

まず、ダンジョンパートはこんな感じ↓

2008062620131185

主人公をマウスで移動させてダンジョンを攻略していきますが、FFと同じ感じで、エンカウント率というのがあり、歩いていると、そのうち敵に遭遇して、戦闘パートへ移行します↓

CG000004

戦闘パートプレイ動画↑

負けたらゲームオーバーですし、勝ったら経験値とかアイテムをもらってダンジョンパートに戻ります。

上でも書きましたが、すいすい楽勝で敵を倒していける程余裕がある難易度じゃありません。

レベル上げをしないで普通にやってれば、敵に倒されて何十回もゲームオーバーすると思います。

しかし、難し過ぎてどうにもならないという程でもなく、工夫したりすれば大体なんとかなるというRPGを楽しむのに絶妙な難易度だと思います。

上でも書きましたが、FF5~10までプレイした僕としても、 RPGとしてのこのゲームの完成度はとても高いと思います。

シナリオよりもRPGの方を重要視する人にも自信を持ってお勧めできる作品です。

・まとめ

そもそもジャンル自体少ないですが、 「ストーリー性があるエロゲRPG」としては最高峰の作品だと思います。

以下の要素を求める人には特におすすめしたい作品。

・RPG

・ファンタジー

・ハマる

戦女神ZERO ダウンロード版(DMM)

戦女神ZERO ダウンロード版(げっちゅ)


※ダウンロード版でのDMMとげっちゅの違いですが、価格は同じ事が多いですが、還元されるポイント含めれば、げっちゅの方が数百円程お得な場合が多いです。

補足ですが、この作品も含め、エウシュリーさんのゲームは、並みのエロゲより、確実にエロ要素にも力が入ってます。(抜きゲーは分かりませんが)

ただ、あくまでもメインはシナリオと、RPGなので、もっぱら「エロ」を求めるのはよした方がいいとは思います。

また、人それぞれでしょうが、この攻略サイトは非常に便利です。
http://www.hazama78.net/megami0/
ちなみに僕は攻略サイトみながら、完璧に攻略していきたいタイプですので、大いに活用させてもらってます。
ブランド公式
「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素晴らしき日々 ダウンロード販売

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です