恋ごころ


RaM制作のゲーム「恋ごころ」の紹介、感想記事を書きたいと思います。 ※プレイ時間目安:20~25時間

c267505package

  ・感動・・・9

・ハマり度・・・8

・キャラ・・・9

・音楽・・・8

・CG、演出・・・8

・総合・・・8

あらすじ

主人公は強力な武術と、絶大な符術を操る、導士
武者修行の途中立ち寄った村は、初めての土地のはずなのに、なぜか懐かしい香りがした…。
しばらくその村に滞在することにした主人公は、道場を構えて村の用心棒をする。けれど、度重なる野盗の襲撃に、一人で村を守ることの限界を憶え、自分の変わりに村を守ることの出来る弟子を育てる事を決意した。
まるであらかじめ決められていたかのように、主人公の元に集う弟子達。どの娘もひとクセ、ふたクセとあるが、確かな決意と目標を持ち、導士を目指して日々、楽しくも厳しい修行に励んだ。

パンダを傍らに、強さを求める少女・りりか
一度死んだはずなのに、再び生を得た眠り癖をもつ少女・しあん
意味ありげに不可解な行動ばかりする少女・ふぇいゆん
生い立ち…そして幼年期と陰惨な過去を持つ少女・るぅ
神出鬼没・天真爛漫・謎の多い少女・シャオ
物語が進むにつれ、徐々に見えてくるキャラクター達の接点…。
そんな中、村の周囲で、不穏な気配が漂い始める。静かに甦る、歴史に埋もれた災厄。出逢いは全てその因果に紡がれていた。永遠の想いがまた繰り返される…

・ストーリーについて(シナリオ:魁)

シナリオライターがクラナドとかAngel Beats!などkey作品に携わっている方で、ギャグの面白さはKey系列の作品に通じるところがあります。特にフェイユンと主人公のバカな掛け合いは中々笑わせてくれます。

日常シーンがずっと続いてると思ったらいきなりシリアスなシーンになったりする事がけっこうあるので、ちょっと気持ちが追い付かない感はありました。

評判ではるぅルートが泣けると言われていましたが、確かにるぅルートは一番感動しますし、感動シーンでの挿入歌や挿入テキストなどの演出が上手いです。ただ、演出は上手いんですが、日常シーンが長い割には個別に入ってシリアスになってからの展開が駆け足過ぎる感があったので、もうすこしじっくり言ってもよかったんじゃないかとは思います。

後、るぅとしゃおエンドについては凝った仕掛けがあるので、普通にしてたら見れないエンドもあるのでやる際は攻略サイトを参考にしてみてください。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tim/games/koigokoro.htm

・キャラについて

主要キャラ紹介

・リリカ(CV:佐伯ゆりこ)
bs_ririka

強くなる為に館の門を叩いた少女。修行熱心だが、クールで冷たい口調が目立つ。「ふぁんふぁん」(ジャイアントパンダ)の飼い主。

子供好きっぽく、爬虫類系がかなり苦手。修行中に主人公と身体の関係を持つ事になる。

・シアン(CV:?)
bs_sian

おっとりとした色黒娘。彼女は一度死んでおり、何かの術によって生き返らされた。

その反動か、気がつくと寝ていて一日の2/3は寝ている。花が好きで、館内のすべての花を世話している。あと、食べ物では爬虫類が美味しいらしい…。

・フェイユン(CV:南菜実)
bs_feiyun

目に見ていると危ない人。近くで見ても危ないけど…実は女だが、恥ずかしがり屋でぬいぐるみを脱がない。

主人公に何か恨みがあるかのようにちょっかいを出す。こいつも一応人の為に役に立ちたいと入館…。

るぅ(CV:佐々木あかり)
bs_lu

行き倒れで館の前で寝ていたところを主人公が拾う。「人様の役に立つのなら…」とそのまま入館。

普段は主人公の後ろについてくる(気配無しで)謝り癖があってすぐに謝る、心の奥に深いトラウマがあるようだが…。

・シャオ(CV:涼森ちさと)

bs_xiao

塀の上から遊びに来る元気な女の子。

楽しいこと最優先で「食う・寝る・遊ぶ」しかしていないが、いつの間にか皆に混じって武術を身につけてしまっている。

ヒロインの弟子たちは非常にキャラが濃いです。クーデレのリリカは可愛いし、フェイユンは馬鹿で面白いし、シアンは寝るタイミングが絶妙だし、るぅとシャオはやたらと「なんかあるな。」っていう訳あり感があって気になるしって感じでした。

主人公は熱くて最強系の主人公なんですが、バトルシーンなんかはけっこう適当なので、あまり「主人公強えーっ!」とは実感しにくいのは残念でしたが、癖も少なく、好感を持ちやすい主人公だと思います。

あと、リリカのお供のジャイアントパンダのふぁんふぁんがいるんですが、超優秀&最強パンダなところも見所です。

・音楽について(音楽:VWN)

音楽は相応に古臭さを感じさせるもでしたが、感動シーンでのBGMはkeyの力を感じますね、上手いです。

OPは意外と言っては失礼かもしれませんが、普通に良かったです。

・CG、演出について(原画:?)

CGはもう15年前のものなので、けっこう時代を感じさせますが、これは各々の価値観で違うでしょうが、僕的には古臭すぎって程ではないので、あんまし気にならなかったです。背景なんかは当時にしては良い方なんじゃないかとも思います。

このゲーム特有の点はHシーンに動画を入れているという点です。これは最近のやつでもそんなにお目にかかれないんじゃないかと思います。(抜きゲーについてはあまりやらないので分かりませんが。)

もちろん、動画のクオリティ自体は最近のヤツと比べればしょぼいんですが、これはこれでありというか、僕がチャイナ服とか中華風コスが中々好きからか分かりませんが、そこそこ使えました。

・まとめ

欠点もありますが、良い所は良い。そんな感じですかね。個人的に一番の見どころはやはり日常シーンのギャグですかね。笑わせてもらいました。また中華な世界観を味わいたい人にもおすすめですね。

要素↓

・ギャグ

・演出が良い

感動


DEMO↑



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素晴らしき日々 ダウンロード販売

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です