魔法使いの夜


TYPE-MOON制作のゲーム「魔法使いの夜」の感想、紹介記事を書きたいと思います。   ※全年齢版のみ、プレイ時間目安:20~25時間

魔法使いの夜

  ・感動・・・9
・ハマり度・・・10
・キャラ・・・10
・音楽・・・10+
・CG、演出・・・10+
・総合・・・10

『月姫』、『Fate/stay night』、『空の境界』に連なる奈須きのこ作品の世界の原点にして雛形とされているこの「魔法使いの夜」

型月のファンである私としてはめちゃめちゃ楽しみにしていましたし、過剰な期待もしながら本作品に臨んだんですが、、、、、最高に面白かったです。

あらすじ
1980年代後半の地方都市・三咲町。

この町では、「坂の上にあるお屋敷には、2人の魔女が住んでいる」という噂があった。

田舎から三咲町に引越して来た男子高校生・静希草十郎は、転校先の生徒会長・蒼崎青子と孤高の美少女・久遠寺有珠と出会う。

しかし、実はこの2人こそ例の屋敷に住む魔女だったのだ。

そんな3人が、ひょんな事から屋敷で共同生活を始めることになる。

・ストーリーについて(シナリオ:奈須きのこ)

ストーリーの方は、落ち着いた雰囲気が和む日常シーンと、最高の演出が魅せてくれる迫力あるバトルシーンと上手く配分されていて、自然とどんどん読み進めたくなる面白さが素晴らしかったです。

前半は比較的、穏やかなシーンが多く、美しいCGとBGMと独特な世界観にゆったり浸れます。中盤からはバトルシーンも入ってきて、ビジュアルノベルとしてはこれでもかってぐらい動いて、まさに鳥肌がたつぐらい気合の入った演出が効いてきます。いやもう本当に素晴らしかったです。感服です。

後半の橙子さんが活躍し始めるあたりからはもう目が離せない程ストーリーに引き込まれました。

ラストは、泣きを誘うような感動はないんですが、なんだかじんわりと、少し心が温かくなるようなささやかで清々しい感動が得られました。

未完ですが、とにかく物語の続きが見た過ぎてハゲそうです。今後あの三人はどうなっていくのか・・・何十年でも待ちますので、僕が死ぬ前に物語を完結させてほしいです。奈須きのこ先生、よろしくお願いいたします。

・キャラについて

主要キャラ紹介
・静希 草十郎
soujuurou-sizuki
現代に下りてきた田舎少年。 ある意味タイムスリップ状態。言葉は少ないが人なつこい性格で、たいていの人間とは仲良くなれる長所を持つ。

信じた事は、とりあえず黙っておく堅実派。特別でもないが、まあ、普通というワケでもない。

・蒼崎 青子
aoko-aozaki
現代に生きる魔法使い。 ただし見習い。気丈で負けん気の強い性格が幸いして、なんとか魔術師としての生活をこなしている。

信じた事はとことんまでつっぱる姉御肌。特別なようでいて、どこにでもいる女の子。

・久遠寺 有珠
arisu-kuonji
現代に隠れ住む魔女。 最後の鳥。生まれついた時から魔術世界に生きてきた、生粋の魔女。無口で、他人と関わりたがらない為、独りきりでもなに不自由なく暮らしている。

信じた事はひたすら胸に秘める浪漫主義。特別なようでいて、そうでもない少女像。

キャラも非常に魅力的でした。

男の主人公とメインヒロインたちはかっこよさと愛らしさを持ち合わせていて、脇役でもそれぞれの味があり、見ていて面白い。特に今作ではボスキャラ的な橙子さんのかっこよさは半端じゃなかったです。

空の境界から好きでしたが、橙子さんの凍てつくような視線が堪らなく好きです。詳しくは言えませんが、今回は敵側での活躍ですが、相変わらず、ちょっと小難しいようなセリフ回しと乱暴な言葉づかいがもうかっこよすぎです。

efasdasdasdassad

知らない人には悪いんですが、アニメ「コードギアス反逆のルルーシュ」のルルーシュとスザクのような、真逆の人間性を持つ、「主要人物同士での人間性の対比」がこの作品にもあり、見ていて面白いですし、勉強にもなります。(誰と誰とは言いませんが)


・音楽について(音楽:深澤秀行、KATE、歌:supercell)

トップレベルのクオリティでした。サントラは即買いです。

作品全体の落ち着いた雰囲気、それにとてもマッチしたBGMがいい。(クラシックも結構使われてました)

癒し系のピアノ曲も良かったですし、バトルシーンでのBGMも迫力をより際立たせていて素晴らしかったです。


特にこの曲はカッコよすぎてハマってます↑

・CG、演出について(原画:こやまひろかず、キャラデザ:武内崇)

まず始めてすぐにわかるんですが、グラフィック、演出の素晴らしさはもう半端じゃない素晴らしさ。(この作品の一番の魅力といって間違いないでしょう)

めちゃめちゃ綺麗なグラフィック、動きまくって迫力ある演出、正直この2点についてはこのビジュアルノベルという形式では間違いなくトップで、ずば抜けて素晴らしかった。(もちろん、私の経験の上ではですが)

こんな感じ↓

004sample-502a07017e11667162999d7d757fcceawefscsadasds012

今後、このレベルのグラフィックや演出のゲームがいっぱい出てきたら最高ですね。

・まとめ

プレイ時間は20~30時間ほどで、かの有名な「fate」と比べると、ボリュームもかなり劣りますが、個人的には勝るとも劣らない傑作だと思っています。(雰囲気的にはfateより好き)

あと、このゲームは音声がないんですが、基本的にキャラの声はあった方がいいと考えている私ですが、なんだかこのゲームでは「声がないのはないので、なんかいい」と思えました。(演出の素晴らしさと作品の雰囲気がそう思わせているのかも)

以下の要素を求める人には特におすすめしたい作品。

・雰囲気、世界観が良い

・CG、演出が良い

・音楽が良い


OP↑


買おうか迷っている人は、体験版もありますので、よろしければどうぞ↓
http://www.typemoon.com/products/mahoyo/

ちなみにこのゲームは全年齢でエロいシーンは皆無ですので一応ご注意を。

やってみれば分かるんですが、「魔法使いの夜」の続編が見たくてしょうがなくなると思いますが、奈須きのこさん曰く、3部作らしいので、めっちゃ楽しみにしながら気長に待とうかなと思います。
ブランド公式
typemoon_bn


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素晴らしき日々 ダウンロード販売

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です