ルートダブル Before Crime After Days


Regista制作のゲーム「ルートダブル Before Crime After Days」の感想、紹介記事を書きたいと思います。  ※全年齢版のみ、プレイ時間目安:35~40時間

003

  ・感動・・・10
・ハマり度・・・10+
・キャラ・・・10
・音楽・・・8
・CG、演出・・・10
・総合・・・10

この「ルートダブル」。引き込まれる作品がやりたい人には超お勧めしたいゲームの一つです。

あらすじ
西暦2030年9月6日午前6時19分30秒──

『鹿鳴研究学園都市』の郊外、湖畔にそそり立つ巨大な科学研究施設『ラボ』にて『事故』発生……!

かくして、9名の男女が閉じ込められた──。

事故によって原子炉はメルトダウンを引き起こし、ラボの中は死の灰に満たされつつある

刻一刻と死が蝕んでいく世界。固く閉ざされた出口。

頻発する不可解な現象。多くの謎

そして……閉鎖空間の中で発生した、猟奇的な大量殺人

この超極限状態から抜け出す鍵(ルート)は2つ──

ラボの中で記憶を失ったレスキュー隊の隊長──笠鷺渡瀬

渡瀬の視点で繰り広げられる、9時間の脱出劇

ラボに閉じ込められた高校生──天川夏彦

一刻も早く逃げ出さなければ、全員───死ぬ。だが、決して出ることはできない!!

脱出不能!なぜ、逃げられないのか?

この中に、邪魔者がいるのか?救助不能!

生き残るための鍵は、6年前に隠されている

それは、閉じ込められている少年の記憶の中――。

救助に奔走するレスキュー隊(After)と、閉じ込められた少年少女の過去(Before)

立場の異なる2つの視点(ルート)からゲームはスタートする。

果たして9名全員が無事生還できる道は、残されているのか?

・ストーリーについて(シナリオ:月島総記、月島トラ、日向もやし)

施設内で大事故が発生し、施設内部に閉じこめられた主人公たちの脱出劇。

読み進めるほど、段々と事件の真相に近づいていき、とにかく面白くて、時間を忘れる程に引き込まれます

主人公が二人いるのですが、片方のルート(After)は緊張感が漂い、先が気になってしょうがないです。

もう一方のルートは最初は日常シーンも多いのですが、二人の視点から物語が進行し、だんだんと繋がってくるんですよね。

こういう手法は個人的には大好きです。

日常シーンも前半だけでストーリーの後半はほとんどが緊張感漂う、目が離せないスリリングな展開です

DSC_0600

E383ABE383BCE38388E38380E38396E383AB_E78B82E6B097E381A8E98A83-ef7ab

ストーリーの引き込み度は私の今まで経験したゲームの中でもトップクラスです。

また、事件の真相が見えてくると、引き込まれるだけでなく、感動もあり、とても深いメッセージ性がある作品であることもわかってきます。

また、極限状態の中にある人間の心理描写も緻密でした。

・キャラについて

キャラですが、可愛くて萌えるキャラもいますが、男キャラ、女キャラともにかなりかっこいいです。

自分のしていること、仕事に信念を持っているキャラばかりで、そんなキャラたちの信念と責任感溢れる言動にはとても考えさせるものがありました。

特にAfterルートの主人公で、レスキュー隊の隊長である笠鷺渡瀬は男らしいかっこよさは相当のもので、見所です。

c20120613_rootw_01_cs1w1_510x720

・音楽について(音楽:佐藤拓馬、Team.ねこかん、歌:結城アイラ)

BGMは物語の緊迫感をより際立たせていて良かったですね。

・CG、演出について(原画:みけおう、わだぺん。、おおたか鳴海)

CGはとても綺麗ですね。キャラ絵はもちろん。災害現場の悲惨さがよく伝わってくるような背景も素晴らしい。

screenlg1dgwqefswrghweeefw

演出については、一つのルートが終わるごとに、まるでアニメの次回予告みたいな感じで、次のルートの予告が入るという、中々珍しい演出があるんですが、これは「やっべ、面白そー。」ってなりましたね。

こんな感じ↑

・まとめ

非常に完成度が高いこの作品、シナリオやキャラについては文句なしの傑作なんですが、難点が一つ。

それは、「システム面」です。

この「ルートダブル」通常のエロゲとは異なり、選択肢による分岐ではなく「センシズ」という特殊なシステムでの分岐になっています。

この「センシズ」が問題で、分岐が多すぎ。正直うざかった。

僕は攻略サイトをあまり見ないでやったので、全キャラのEND、CGを見るのに非常に苦労しました

回収の作業になってしまいました。

分岐の複雑さを楽しめる人には良いかもしれませんが、とにかく「シナリオを読むこと」を楽しみにしている僕からすれば苦痛でしかなかったですね。

ですので、これからプレイする方は攻略サイトを見ながら進めるのをおすすめしておきます。

といっても内容が素晴らしいので超お勧めのゲームであることには変わりありません。

特に以下の要素を求める人にはおすすめしたいです。

・ハマる

・キャラが魅力的

・メッセージ性が強い

・SF

・ミステリー

なんだか「えっ?そういうゲーム?」って思っちゃいそうな所で表示されてますが、残念ながらそういうゲームではありません。

そもそも18禁ですらないのでご注意下さい。(なんか今は僕が買ったとき時の半分位の値段で買えるんですね。ベストになるとこんなに安くなるのか。。。)


あと、僕はPC版でやったんですが、なんかバグが合って、ネットで解決法調べればなんとかなったなんですが、ちょっとめんどくさかったんで、PS3かxbox360持ってる人はそっちの方がいいかもしれませんね。

ブランド公式
regista

以下の記事は私がこのゲームから考えたことです。(ネタバレは極力無し)興味がある方は是非読んでみて下さい。


このゲームは考えさせられることが非常に多かったですが、その中でも原点と言えるのは『人が人を大切に想う気持ち』だと思います。

人間の気持ちを大きな二つに分けるとします。

まず先ほど言った『人が人を大切に想う気持ち』これを『善意』『人が人を憎む気持ち』これを『悪意』とします。

私は人間には先ほど言った『善意』というものが生まれながらにして備わっているのではないかと考えています。

そして『悪意』とは『善意』の子のようなもので、『善意』なくして『悪意』が生まれることはないと思います。

「憎しみ」という感情は、つまり何か大切なものがあり、それを傷つけられた、奪われたりしたからこそ生まれるものだと思います。

なぜ『憎い』のか、それは自分には大切な何かがあるからで、それは自分の周囲の支えてくれる人たち、家族、恋人、友達がいるから、そして自分自身が大切だからだと思います。

この何か大切なものを想う『善意』があるからこそそれを奪うものに対する『悪意』が生まれるのではないでしょうか。

私はこうした『悪意』は当然で正しいものだと思います。

しかし、同時にその『悪意』に完全に囚われないで欲しいと思います。

その根本には誰かを大切に想う『善意』があったことを決して忘れないで欲しいと思うのです。

『悪意』は周りの人に伝染します。『悪意』を向けられれば『悪意』を返したくなる、これは当然でしょう。

しかし、その『悪意』は人に向けている限り、『悪意』の連鎖は終わることはないのではないでしょうか。

そしてその連鎖を絶つことができる、つまり人の『悪意』を取り除くことができるのは人の『善意』以外にありえないとこの作品をプレイして考えさせられました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素晴らしき日々 ダウンロード販売

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です