智代アフター


key制作のゲーム「智代アフター」の感想、紹介記事を書きたいと思います。  ※PS2、PS3、PSPで全年齢版あり、プレイ時間目安:15~20時間

img_933028_28542406_0

  ・感動・・・10
・ハマり度・・・8
・キャラ・・・9
・音楽・・・10
・CG、演出・・・9
・総合・・・9

CLANNADのヒロインの一人、坂上智代のアフターストーリー。賛否両論な今作ですが、個人的にはとても感動しました。

あらすじ
高校を卒業し、町外れの廃品回収屋に就職した主人公、岡崎朋也は、一人暮らしを始め、恋人となった坂上智代と楽しい毎日を送っていた

そこへ、智代の弟、鷹文が、ともという名の女の子を連れてくる

鷹文が伝えたのは衝撃的な事実…ともが二人の異母姉妹である事、突然、父親に会いに来てしまったため急遽ここに連れて来たこと…を告げる。

衝撃を受ける智代。

しかも事態はさらに深刻で、どうやらともの母親は育児を放棄してしまったらしい。

覚悟を決めて、ともを受け入れる3人。

そして、もうすぐ夏休みに入ろうという頃、鷹文の昔の彼女=智代の後輩河南子が家を飛び出し、二人のアパートに転がり込んで来た

こうして、朋也、智代、とも、鷹文、河南子。みんなの夏が始まった。

5人で過ごす、最初で最後の夏休みが…。

・ストーリーについて(シナリオ:麻枝准、樫田レオ)

かの有名な泣きゲー(アニメ化もされています)、「CLANNAD」をプレイし、「人生」を感じ、そのサブヒロインの一人である坂上智代ルートの後日談というこのゲーム、以前から智代はかなり好きな方でしたし、興味はまえからあったので、プレイしてみましたが、、、、、、「CLANNADは人生」とよく言いますが、「智代アフターもまた人生」でした。

話自体は短めで、10時間くらいで終わる程度ですが、流石麻枝さんといった感じで、シナリオが泣ける。

CLANNADでもそうでしたが、麻枝さんの書く物語は本当に「人生」を感じます。

そして、人生を生きている私は、たかがゲームと思うかもしれませんが、彼ら彼女らの人生を感じずにいられません

「幸せって何?」「人生って何?」そんなものは考えてすぐに答えが出せるものでもなく、考えること自体、下らないと思う人もいるかもしれませんが、少しでもそれについて考えたりすることがあるのなら、このゲームをやってみることをおすすめします、きっと何か得るものがあるはずです。

・キャラについて

主要キャラ紹介
・岡崎朋也
tomoya
社会人1年目で、卒業後は廃品回収屋に就職した。アパートで一人暮らしをしつつ、智代との交際を続けている。

・坂上 智代(CV:一色ヒカル)
tomoyo-sakagami
社会人一年目の朋也を支える、家庭的な本編のヒロイン。実は、男が束になっても敵わないぐらい喧嘩が強い。
朋也と出会い、人生が大きく変わる。
・坂上 鷹文(CV:涼森ちさと)
takafumi-sakagami
智代の弟。 パソコンを扱うことに長けている。朋也の部屋に強引にパソコンを設置して居座り、ひと夏をかけてロールプレイングゲームの制作に入る。
見かけによらず結構ナイーブ。
・河南子(CV:涼森ちさと)
kanako
母親の再婚話に不満を抱いて、飛び出してきた鷹文のモトカノ。ふたりが別れた理由は定かではない。
非常に口が悪いうえに、とにかく何でも剛速球。
・とも(CV:佐々木あかり)
tomo
突然鷹文が連れてきた異母姉妹。父親の顔も満足に知らないうえに、母親にも育児放棄された悲しい境遇。
であるにも関わらず、誰の言葉も素直に信じる純真無垢な少女。

キャラも少ないですが、智代を始めとても魅力的です。

まず、可愛いですし、萌えもあり、笑える要素も結構あります。

特に、智代の話なので彼女の人間性がよく描かれているのですが、彼女の優しさには非常に心打たれましたね。あとロリコンの僕にはともちゃんがかわい過ぎました。

・音楽について(音楽:麻枝准、折戸伸治、戸越まごめ、I’ve、歌:Lia)

また、やはり流石のKEY、音楽も非常に素晴らしいです。

OPもいいですし、BGMも癒し系の曲が、とてもいいです。

特にこのBGMは一番好き↑

・CG、演出について(原画:フミオ、キャラデザ:樋上いたる)

絵はkeyにしてはかなり癖がなく、万人受けしそうな絵で可愛いです。

etheeervdsfethfbdvdvsd

演出については、やはりkeyらしく、泣けるシーンでの音楽の入れ方が素晴らしいです。

・まとめ

賛否両論のゲームのようですが、以下の要素を求める人にはおすすめしたい作品。

・感動

・メッセージ性が強い

・音楽が良い

・短い

OP↑

やっておかないと話が全く解らないなんてことはないので、絶対とまでは言いませんが、やはり先に「CLANNAD」を先にプレイすることをおすすめします。(プレイしていた方が途中で「?」となることもないと思うので)CLANNADのレビューはこちら

ブランド公式
ban_200_04

以下の記事は私がこのゲームから考えたことです。(ネタバレは極力無し)興味がある方は是非読んでみて下さい。


このゲームのキャッチコピーで「人生の宝物を探しに行こう」とありますが、まさしくそんなことを考えさせてくた作品でした。

「あなたの人生にとって、「宝物」つまり大切なものはなんですか?」そう聞かれたらあなたは「〇〇だ!」という何かがありますか?

そんなものがあるのなら、その人はきっと幸せ者だと思います。

私はこのゲームを始めてやった時、「俺にとって大切なものって、、、、、、、、、」という感じでわかりませんでした。

しかし、私はそれを真剣に探そうと心底思えました、そして、いろいろやってみて「ああでもないこうでもない」と考えながら探していました。

「俺には何もないんじゃないか?」と何度も思うこともありましたが、このゲームの最後にあった「人生の宝物、きっとあなたにも見つかる」という言葉を思い出し、求め、探し続けて、見えてきた私にとっての大切なもの、「宝物」があります。

それから私は確かに「自分は幸せだ。」と心から思えるようになりました・・・たぶん。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素晴らしき日々 ダウンロード販売

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です