Vermilion -Bind of Blood-


light制作のPCゲーム「Vermilion -Bind of Blood-」の感想、紹介記事を書きたいと思います。 プレイ時間目安:35~40時間

1313928299_konachan_com20-2010866720izumi_mahiru20mcgregor_sheryl20orlok_nina20portman_anne20takajyou_ariya20vermilion_-bind_of_blood-

  ・感動・・・9
・ハマり度・・・10
・キャラ・・・10
・音楽・・・9
・CG、演出・・・8
・総合・・・10

「吸血鬼もの」ということに惹かれ、購入したのがこのゲーム「Vermilion -Bind of Blood-」。

あまり知名度は高くない作品で、あまり大きな期待はせずにプレイしましたが、全攻略してみての感想は、、、予想以上に素晴らしく、楽しめた作品でした。

あらすじ
目を覚ますがいい、魔人に焦がれし童たち。滅び去るがいい。怪物を気取りし愚者どもよ。

これは吸血鬼なる幻想を斬る、異端の刃の物語。

霧の街角を男が往く。何故なら、奴らが男を呼ぶからだ。闇の力を得たことで、滑稽なほど自我を肥大させた即興の超人魔人たちが。

吸血鬼という巨大な幻想に取り憑かれ、幼子じみた全能感のまま暴走を始める愚者どもが。

血族の夜は静粛を貴ぶ。静かなる夜会を騒がすそんな「掟破り」たちを、男の孤剣が裁いて廻る。

「吸血鬼などどこにもいない。」

故に男は、そう呟く。男の名はトシローカシマ。掟の下、血に狂える同胞を裁く首斬り判事にして、同族処刑人。

蒼白き死神が振るう異国の刑刀を、この街で畏れぬ同族は誰もいない。

今夜もこの霧の都の同族社会を恐怖に陥れる、あの咎人、、、「三本指の男」もまた、トシローが追う掟破りの一人だった。

・ストーリーについて(シナリオ:昏式龍也、高濱亮)

ゲームの雰囲気は、渋い、ハードボイルドな雰囲気が漂うこの作品。(ニトロプラスの「ファントム」や「月光のカルネヴァーレ」に近い雰囲気)

とにかくストーリーが面白い、引き込み度が非常に素晴らしいです。

至る所に伏線がちりばめられていて、先の展開も予想しずらく、常に先が気になる展開が続きます。(グランドルートは10時間くらぶっ通しでプレイしてしまいました)

泣けるような感動は特にないんですが、 文章にもあまり癖が無く読みやすいですし、シナリオもよく練られていて、多くの人におすすめしやすい作品です。

・キャラについて

キャラの魅力も素晴らしい!萌えもないことはないが、男キャラ女キャラともに渋いかっこよさが目を引きます。

特に敵キャラが濃くて、かっこいいキャラが多かったですね。

efwedqwdsqdhgkhbknjnjk

主人公は誠実な性格で、能力も非常に高い万能系で、とても好感が持ちやすいです。

また、ストーリー中のキャラの台詞が深く、非常に考えさせられるものがあります。(このメーカーの作品はその傾向があります)

名言一部紹介↓

「 おまえは何かの壁を超えて、自由を手にしたと思っているが、それは錯覚だ。壁の向こうにはまた壁がある。それが世界というものだ。」byトシロー・カシマ

ewffsadsaaas

「 掟など、強者の轍の後にのみ存在を許される脆弱な概念に過ぎん、、、この世の本質は荒野だ。」byバイロン

egewfdasdsadas

・音楽について(音楽:与猶啓至)

音楽はゲームのハードボイルドで渋い雰囲気にとても合っているBGMが非常に良かったです。

・CG、演出について(原画:泉まひる、さるか)

このゲームは文章表示がとても独特で面白いです。吹き出しがあってまるで漫画みたいでした。

vermilion_bind_of_blood_dcc78263-ffc2-4dba-ad67-38d497338a1b_thumb

バトルシーンもかなり多いのですが、中々燃えはしますが、その点では「Fate」や「Dies irae」の方が上かなというところ。

人(吸血鬼も)が死にまくりますが、音がするだけで、グロイCGなんかは皆無です。

・まとめ

ずっとノーチェックで、たまたま知ってプレイした今作ですが、完成度が高いので、知名度は低いですが、多くの人に是非プレイして欲しい作品です。

特に以下の要素を求める人にはおすすめしたい作品です。

・ハマる

・雰囲気、世界観がいい(ハードボイルド)

・キャラがかっこいい

・主人公最強


PV↑

Vermilion ダウンロード版

迷っている人は体験版もありますので、よろしければどうぞ↓
http://www.light.gr.jp/light/products/vermilion/download/trial.html

ブランド公式
light
ちなみに、攻略順はシェリル→アンヌ→ニナ→アリヤ→グランドルートがおすすめです(特にアリヤ→グランドルートの流れは外せないと思います)

以下のサイトを参考に攻略するといいかと思います。↓
http://desertrain.sakura.ne.jp/kouryaku/2011/light_vermilion/chart.html


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素晴らしき日々 ダウンロード販売

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です