カオスヘッド 感想、紹介


ニトロプラス制作のゲーム「カオスヘッド」の紹介、感想記事を書きたいと思います。

CHAOS;HEAD

  ・感動・・・8
・ハマり度・・・10
・キャラ・・・8
・音楽・・・10
・CG、演出・・・9
・総合・・・9

「カオスチャイルド」をプレイしたくて、 その前篇的な役割を持つ作品。キモい主人公。グロなど、人を選びはするが、引き込まれる面白さのある良作です。

あらすじ
現代の東京・渋谷で俗に 『ニュージェネレーションの狂気(ニュージェネ)』と呼ばれる不可解で猟奇的な事件が連続して発生する中、渋谷のとあるビルの屋上のコンテナハウスで引きこもり寸前の生活を送っているオタクの高校生・西條拓巳は、インターネットのチャットで『将軍』と名乗る人物が書き込んだリンクで、次のニュージェネの事件を顕示させるような残酷な画像を目撃する。

翌日、 拓巳は『将軍』が示した画像のとおりの凄惨な事件現場に遭遇し、そこで咲畑梨深と出会う。そして後日、拓巳が学校へ行くと教室の隣の席には梨深がいた。梨深は『自分は以前からの友人である』と拓巳に語り、クラスメイトの三住大輔もそれに同意するが、拓巳には覚えがない。

同時に、 事件に関わりのある少女達が次々と拓巳の前に現れ、渋谷で起こる数々の猟奇事件に巻き込まれてゆく

・ストーリーについて(シナリオ:林直孝)

プロローグからOPまでの掴みは上々です。「これは面白そうだな。」ってなります。

シュタゲと同様、 一番最初に何やらラストのいろいろと終わった後のようなシーンを持ってくる事で大きな伏線張り、読者の期待感を高めるというのは上手い構成だと思います。

プロローグが終わったらそのままかっこいいOPという流れも良かったです。

妄想科学ADVと言っているだけあり、かなり妄想します。妄想とネガティブ妄想と二つ選べて面白かったり、キモかったりします。

この 妄想トリガーという特殊よって妄想と現実がごっちゃになっていくような気持ち悪さ&面白さ が味わえます。

詳しくは後で書きますが、主人公が多くの人が持っていると思われる先入観、所謂「キモオタ」という人種で、まさに先入観まんまの 悪い意味でテンプレなのでキモかったり変だったりするので人はけっこう選ぶかもしれませんね。

また、「ニュージェネ」連続猟奇殺人(?)事件が立て続けに起きるので、かなり凄惨で異常なのばっかなので気分悪くなる人もいるかもしれません。

しかし、その 事件の真相とか、主人公と謎の剣「ディゾード」を持つヒロイン達の謎とか、なんか政府の陰謀みたいな伏線も出てきて、とにかく不可解な事が起きまくるのでけっこうなハマり度があります。

senasddscsd

画像はたいしたこと無いですが、文章の表現はかなりグロいですので、想像力ある人は一層気を付けて下さい。

また、この作品は「妄想トリガー」がある分、通常のエロゲとは違った選択肢もあり分岐が多いので、攻略サイトなど見ないで攻略するとなると結構手間かもしれません。

終盤はなんか駆け足気味な感がしなくもないですが。。。

・キャラについて

さっきも言いましたが、 主人公が悪い意味でテンプレの「キモオタ」なので、正直、彼の主観から物語を進めていくのはあまり気分は良くありません。

言動がもうほんとアレで、喋るときはキョどりまくりだし、見ていてキモいやら変やら、意味わからんやら。(特に「ふひひ。」という笑い方は自分でもキモいと言ってますが、まあキモいです。たまに面白い時もありますが。)
image
実際にこんな「オタク」なんてが少ないんじゃないかと思うんですが、どうなんですかね。まあ、僕もエロゲやアニメが大好きなので「オタク」なのかもしれませんが、このゲームの主人公のような奴は人間的に無理な人が多いのは仕方ないでしょう。

でも、「卒業に必要な出席数を計算して登校する」ってのは賢いなと思いました。

ヒロイン達はそれぞれ濃い設定を持っているのでけっこう面白いです。特にこずぴぃの「~なのら。」「うぴゅ~。」とか狙い過ぎの萌え声と話し方とかうざいと思う人も多いでしょうが、僕的には面白かったです。
kozue

・音楽について(音楽:志倉千代丸、阿保剛、磯江俊道、5zizz)

音楽はOPは激しい系でかっこいいし挿入歌もかなり良いし、BGMも良いしで全体的にレベル高いです。特にこの曲好き↓

恐怖感を倍増させるようなBGMと効果音などがとても上手いです。実際、ビビったりしました。

・CG、演出について(原画:藤宮博也(ささきむつみ))

キャラ絵、背景の綺麗さは7年前にしては綺麗な方だと思います。
nanamiihobe_0010jp-005ihobe_0010jp-001

特に背景はなんか朧気な感じがいいです。

wefwefdfssdfergedsfsf

minori程ではないんですが、イベントCGがけっこう多くて、演出がけっこう細かいのは特徴で、所々でアニメーションが導入されています。

グロいシーンでは画像よりも文章がやたらに生々しくて、けっこう気持ち悪くなりました。

・まとめ

主人公がキモいとか話がグロいとか人を選ぶ作品ではあると思いますが、面白いのは確かだと思います。特に以下の要素をもとめる人にはおすすめの作品です。

・ハマる

・ミステリー

・ホラー

・狂気

・設定が面白い

・音楽が良い


OP↑

CHAOS;HEAD ダウンロード版(DMM)

CHAOS;HEAD ダウンロード版(げっちゅ)

※ダウンロード版でのDMMとげっちゅの違いですが、価格は同じ事が多いですが、還元されるポイント含めれば、げっちゅの方が数百円程お得な場合が多いです。

ちなみに、各ヒロインルートが追加された『CHAOS;HEAD NOAH』とFDの『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!』というものも出ているので、これから新しくやる人はどうせなら『CHAOS;HEAD NOAH』の方がお得かもしれません。(ただ、こっちはPC版は無し)

CHAOS;HEAD NOAH』とFDの『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!』のセット↓


ちなみに僕は無印をプレイしており、↑の二つは未プレイなんですが、そんなに物足りない感は無かったです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素晴らしき日々 ダウンロード販売

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です