腐り姫 感想、レビュー ループしまっせ


ライアーソフト制作のゲーム「腐り姫」の紹介、感想記事を書きたいと思います。※プレイ時間目安:15~20時間

Liar-soft Selection 01 腐り姫~euthanasia~

  ・感動・・・9
・ハマり度・・・10
・キャラ・・・9
・音楽・・・10
・CG、演出・・・10
・総合・・・10

独特で妖しい雰囲気が醸し出ている作品。なんというか、変わったエロゲやりたいなら是非。

あらすじ
父親と妹が謎の死を遂げ、唯一生き延びた主人公は記憶を喪くしていた。
療養のため、義母に連れられて故郷の町とうかんもりに帰った彼は、失った妹に瓜二つの深紅の着物の少女、蔵女と出会う。

取り巻く家族や友人たちは、うわべでは彼の回復を望む一方、何かを隠している。

罪の意識を心に潜ませた彼らの闇に忍び込み、 甘美な肉欲と狂気の夢を 与える蔵女。やがて身も心も崩壊させていく人々

失われた記憶を取り戻すにつれ、家族や友人の真実の姿に苦悩する主人公。それを、全て超越したかにみえる 視点で見つめる蔵女。

そして古来より伝承される 「腐り姫の伝説」。死んだ家族の影。全ては複雑に絡み合う。

薄れた記憶と現実の境界。喪失感と恐怖、そして狂気の葛藤。果てに、赤い雪が降り積もり、世界が死の静寂に包まれる

全ての記憶を取り戻すまでの、繰り返す4日間。

・ストーリーについて(シナリオ:高尾登山、星空めてお、睦月たたら、天野佑一、水上温泉卿)

物語の舞台は「とうかんもり」という変な言い伝えでもありそうな独特な雰囲気が醸し出ている田舎です。

ストーリーの方は「父と妹が謎の死を遂げ、記憶無くした主人公が失った記憶を取り戻す。」

という内容なんですが、 「記憶喪失」「謎の死」ってだけで興味をそそられます。

序盤から

「どんなとてつもない過去があったんだ・・・?」

と先が気になるような伏線も節々に描かれるんで、日常を描いているのですが、ハマり度は中々のものでした。

この作品はループものなんですが、ループの回数はめちゃくちゃ多いです。全部で何回とは言いませんが、20回以上はすると言っておきます。

ただ、ループとはいっても、毎週、同じ展開というのは無いので、何度も同じシーンを見せられるとか、読まされるとかそういう単調な感じではないので毎週楽しめる、というか徐々に核心に迫っていくのでどんどん面白くなっていく感じです。

特に中盤からは

・各キャラの過去と主人公との関係と現在の思惑

が少しずつ明かされいき、その後は

・蔵女とは一体何なのか?

という核心に迫ってくるので一層面白くなってきます。

また、この作品のタイトルにあるように、「人間が腐っていく姿」が良く描かれていて人間が狂気や肉欲に溺れ、良識を捨てて堕落していく様は背徳感や罪悪感といったものが一種の興奮を与えてくれた気がします。(もちろん、真似はしませんが。。。)

また、この作品の中での「腐る」と言う事はつまり「望みを叶えた」とも言え、それは果たして良い事なのか悪い事なのかと考えるととても深い気がしました。

終盤が少々「ん?」って感じだったりちょっと難解で「あれはどういう事だったんだ?」ってのもちょいちょいありますが、とても良く出来たシナリオなのは間違いないと思います。

あと、システム的にも変わった作りになっています。

攻略サイトを参考にしないとたぶん訳が分からなくなると思いますので、攻略サイトを参照しながら進めた方がいいでしょう。(たぶん、攻略途中なのに攻略したと思ってしまうと思います。)
http://www.geocities.jp/asano_mizuki/kouryaku/kusarihime.html
http://www.geocities.jp/denpajyusintou/kusarihimekouryaku.htm

↑サイトによって情報がすこし違っていますので、一応二つ載せておきます。

・キャラについて

主要キャラ紹介

・簸川五樹

itsuki-hinokawa

主人公の大学生。父と妹が心中した直後に記憶喪失となる。周囲の期待に応えようと消極的ながら記憶を取り戻そうとしていた。
最愛の妹の面影を持つ蔵女と出会い、自ら真実を求めはじめる。

・蔵女(CV:YUKI)
kurame
主人公の前に忽然と現れた謎の童女。主人公の死んだ妹・樹里と瓜二つの容姿を持つ。
神出鬼没で、何を考えているかわからない。

・簸川芳野(CV:かわしまりの)
yoshino-hinokawa
主人公の義母。物腰柔らかなおっとりした性格。
盲目ながらも、簸川家の精神的支柱として、家族を優しく包み込んでいる。
・簸川潤(CV:金田まひる)
jun-hinokawa
主人公の義妹。シニカルに振舞いながらも、その実、面倒見がよく、気は優しい。

義理の兄妹だからか、しっくりいってないようで、何かと主人公に反発する。
・伊勢きりこ(CV:椎名奏子)
kiriko-ise
主人公の同級生で、自称恋人。v 生まれつき足が悪く、常に杖を手近に置いている。
主人公の過去に触れようとせず、何故か、舞台となる街から連れ出そうとするのだが……。
・簸川夏生(CV:西田こむぎ)
natsuki-hinokawa
主人公の従妹で幼馴染。性格は、明るくざっくばらんで、細かいことは気にしない。
失われた記憶を取り戻させようと主人公に迫り、協力もするが……。

見た目は↑のように可愛いとか萌えとか皆無と言っていいでしょう。

注目すべきは各キャラの内面で、各キャラそれぞれが「狂気」「妄執」といったものに侵されているのですが、いずれもこの作品のテーマ(?)である 「近親愛」の部分がかかってきているんですが、そこに理由も無く、単に「好き」とかではなく、何かしら余計な要素が混じっているあたりは深いな、と思わされます。

いずれのキャラの狂気も「元からその気がある人だったから。」とかではなく、

「否応なく狂ってしまった。」

感があり考えさせられるものがありました。

ただ、誰とは言いませんが、一人だけ↑のような狂気には何かしら理由があるってのには当てはまらない気がするキャラがいるんですが、めっちゃ強烈なキャラでした。

「自分にとって一番大切なものの為なら何でもする。」

っていう話とかそういうキャラは何人も見た事はありますが、そういう鬼畜キャラは僕の中ではfate/zeroの切継さんとかマブラヴオルタの夕呼先生がトップだったんですが、その二人を追いこす勢いの恐ろしさを感じました。(しかも、そういう鬼畜シーンが描かれている訳ではなく、回想で断片的に語られるだけいいで。)

このキャラを見ていたら、割と良い言葉で

「大切なものが一つでもあればいい。」

ってのは結構聞いてましたし、僕もそれには同感だったんですが、今回の件で

「いや、、、でも一つだけはやっぱりまずいかな。。。」

って風に考えを変えさせられそうです。

・音楽について(音楽:雑音工房NOISE、椎名治美)

13年前の作品なのでBGMも最近と比べるとけっこう古臭い感じの音楽ではあるものの、むしろその 古臭さが作品の雰囲気にはぴったりな感じでとても良かったです。不穏で怪しい雰囲気がよく伝わってきます

・CG、演出について(原画:中村哲也)

古いという事よりも、ライアーソフトさんの作品はいずれもキャラ絵、背景共に他のブランドとはかなり異ってると思います。

キャラも所謂「萌え絵」とは到底言えない変わった絵ですしもなんか「グラフィック」っていうよりも「描いた絵」って感じで、綺麗さとか精緻さとかはなくても、手書き感があるというか、芸術的というか、独特の趣があります。

egsddssdsdwdfsdsdfsdf

erergegergegrえrsdsdf無題

ライアーソフトはニトロ+なんかとはまた違う「変なゲーム。」を作る事で有名なブランドですが、他とは一線を課すキャラ絵と背景によって、「萌え」という要素を消し去って、独自の雰囲気を作り出しているので、「〇〇が可愛い!」というような萌えエネルギーが発生しない分、物語自体に入り込めるような気がしました。

また、演出も面白い工夫がされていて、立ち絵もあるんですが、背景の中にキャラが埋め込まれる感じのCGが多いです。小さくても、誰かがいたり、動いたりするので、文章だけでなく、画面全体よく見るようにしないと、大事な伏線を見落としてしまうなんて事もあるかもしれないので気をつけましょう。

wefesfsfsfdfwds無題

また、画面下の文字が枠で囲われていないのも中々珍しいです。ウィキペディアで「映画的な演出を試みている」と書かれてましたが、確かに言われてみると何となくそんな気がしないでもないです。

主人公の過去(?)と思しき何かがフラッシュバックがところどころに挟まれいるのですが、この演出もまた上手くて、少しずつ少しずつ主人公の秘められた過去の謎に近づいてる感が感じられて面白かったです。

・まとめ

シナリオ、BGM、CG,演出、いずれも一風変わっていてかつ面白く出来ていました。

特に以下の要素を求めるにはおすすめの作品です。

・雰囲気、世界観がいい

・難解、考察しがいあり

・音楽が良い

・狂気

・ハマる

・CG、演出が良い(独特なので人によっては)

・ホラー


OP↑

腐り姫 ダウンロード版(DMM)

名言集はこちら

※これは注意ですが、パッケージ版で買うとバグを修正するためのフロッピーディスクが付いてきてきます。多分フロッピーディスクに対応してないPCの人は多いと思いますが、その際はメーカーにメールすると修正の案内をしてくれます。

それがめんどくさいという人はDL版を買った方が良いでしょう。こちらはそのままプレイしても大丈夫らしいので。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素晴らしき日々 ダウンロード販売

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です