夏空のペルセウス


minori制作のPCゲーム「夏空のペルセウス」の感想、紹介記事を書きたいと思います。 プレイ時間目安:10~15時間

main

  ・感動・・・6
・ハマり度・・・6
・キャラ・・・7
・音楽・・・9
・CG、演出・・・10
・総合・・・7

「ef」や「eden」でその美しいCGや音楽、緻密な演出が素晴らしくてminoriを好きになってたので、この作品もプレイしてみました。

感想を簡単に言うと

「短い」「エロい」

これです。

あらすじ
他人の “痛み”を自分に移す特殊能力を持つ遠野森羅は、その力を周囲に利用されることに疲れ、同じ能力を持つ妹・恋と共に、山に囲まれた田舎の天領村へと引っ越す。

しかし転入した学園で様々な“痛み”を持つヒロイン達と出会い、改めて自分の能力や、人と触れあって愛することの意味を考えていく。

・ストーリーについて(シナリオ:御影、鏡遊、竹田)

efやedenは良いシナリオをさらに美しい音楽やCG、細かい演出でさらにストーリーを光らせているような感じでしたが、この「夏空のペルセウス」に関しては先に挙げた二作よりシナリオは劣っていると言えます。

自然の多い田舎村っていう舞台は雰囲気が合っていいと思ったんですが、 あまりにも短いです・・・一人目のヒロイン攻略した時は「え、もう終わり?」って感じでした。最初からやって3時間もかからなかったような。全ヒロイン入れて10時間程で終わっちゃいました。

そして、その短いシナリオの中でも Hシーンが多いし、やたら力が入っていてエロいです。

ただ、一部ルートはちょっと修羅場っぽくなって面白かったです。

まあ、minoriの作品のキャラは可愛いし、エロに力が入るのは構わないんですが、なんかそっちにばっか力が入ってシナリオがしょぼいと、minoriならではの売りである美しい音楽、CG、緻密な演出がefやedenみたいには光らないなってのはかなり思いました。

独自の魅力がある「minori」の1ファンとしては、エロに力が入るのは構わないんですが、基本シナリオを重視する僕としては、あまりエロに走ってシナリオを軽視する方向に行くのはちょっと止めて欲しいなとは思います。

・キャラについて

主要キャラ紹介

・遠野 森羅
本作の主人公。四水学園2年。警戒心が強いが、内面はお人好しでお節介。幼少の頃に両親を亡くし、妹の恋と2人で親戚に預けられて育った。
他人に触れると、その人の“痛み”(身体的な痛み・心の痛みなど)を自分に移す特殊能力を持つ。

・遠野 恋(CV:楠原ゆい)
ren-tohno
学園の1年生で転校生。兄である森羅と同じ力をもっている。
物心ついた頃から他人に利用されていた過去により、人間不信を抱いている。

自己中心的でワガママだが、行動理由の最優先事項は森羅のこと。お人好しな兄のことを、姉であり母であり、ひとりの女として愛している。

・皆川 翠(CV:立花あおい)
sui-minakawa
学園の2年生で水泳少女。春先に山道から落ちる事故に遭い、足に怪我を負っている。

活発で明るい性格だが、仲間内では一番臆病な、女の子らしい女の子。年上の兄姉ばかりの家庭で育ったせいで、耳年増なところがある。

・菱田 あやめ(CV:桜井美鈴)
Ayame-hishida
学園の3年生で文学少女。ヒロインたちの中では最年長で、沢渡透香と一緒に他のメンバーの授業の面倒を見ている。
箱庭のような村の箱入り娘であったために世間に疎い。

かなりの天然ボケかつ素直な性格で、喜怒哀楽によってコロコロと表情を変える。

・沢渡 透香(CV:市川ひなこ)
touka-sawatari
学園の2年生で天文部。不治の病を抱えている。 この夏は越えられないだろうと言われていて、最後の思い出作りに無理をいって学園に通っている。

“良い子” を体現したような性格だが、儚げな外見に見合わない天真爛漫な明るさをもつ。

見かけはまあ、可愛いんですが、やはりそれ以外に特に魅力を感じない、というか魅力を十分に感じれるくらいに十分なストーリーの長さが無いってのが正確かもしれません。

あととりあえずみんな胸がでかい。

・音楽について(音楽:天門、柳英一朗、歌:原田ひとみ、桜井美鈴、くすはらゆい、立花あおい、市川ひなこ)

音楽はについては流石はminori、相変わらずハイクオリティ。

美しい、癒し系なBGMがいいです。

・CG、演出について(原画:庄名泉石、高崎まこ、柚子奈ひよ)

こちらも音楽同様、相変わらずのハイクオリティです。

美しい背景、緻密な演出。ほんと音楽とCG、演出の良さはさらに磨きがかかってると思いますし、minoriの売りだと思います。

afffasasdsあっさだささs無題dwsdささだsだds無題>えfsfsddffd無題

・まとめ

minoriの売りである音楽、CG、演出面については文句なしの出来なんですが、やはりそれらもある程度のシナリオがあってこそだと思います。

シナリオがつまらなかったっていうか、あまりにも短すぎ。

上でも書きましたがエロに力を入れ過ぎてシナリオが薄くなってしまうと、ef、edenで感じたminoriの魅力を十分に活かせないと思います。

買って損したって程ではありませんが、efやedenのようなシナリオを期待してプレイするのは止めた方がいいでしょう。

以下の要素を求める人にはおすすめできるゲームです。


・CG、演出が良い

・エロい

ブランド公式
banner05


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素晴らしき日々 ダウンロード販売

コメント

  1. 歌麿 より:

    夏空のペルセウス私もプレイさせていただきました

    「短い」というのは私もうなずけるところで、値段に対してコストパフォーマンスは
    よろしくない作品といわざる負えませんでした・・・・・・演出グラッフィックは確かによかったのですが・・・・それ故にもう「エロい」という部分をできるだけ評価して値段の分だけ楽しむという思考にもっていかざるを得ませんで・・・

    minori作品はこれが初めてでしたので、minoriのシナリオを期待したのですが、話自体はほかのブランドにない繊細さのようなものを感じたものの、やはり・・・短すぎて・・・・もうちょっとシナリオを楽しみたかったと思う次第でした

    • シナリオゲー大好き より:

      コメントありがとうございます!

      僕も全面的に同意です。minoriならやはりefとこのブログではまだ紹介してないですが、edenは短いですがおすすめです。
      minori作品始めてなようですので、↑の二作もそのうちやってみてはどうでしょうか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です