サノバウィッチ 紹介、感想


ゆずそふと制作のゲーム「サノバウィッチ」の紹介、感想記事を書きたいと思います。 ※プレイ時間目安:25~30時間

サノバウィッチ

ちょっと最近リアルでイライラする事多いので、萌えゲーブランドとして有名なゆずそふとさんの最新作でやたら人気なようなので、プレイしてみましたが、、、「本当に良い萌えゲーってこういうのを言うのかな」って思いました。

  ・感動・・・8
・ハマり度・・・9
・キャラ・・・10+
・音楽・・・9
・CG、演出・・・10
・総合・・・10

あらすじ
主人公・保科柊史は、ある秘密を抱えていた。それは「他人の気持ちを感じ取れる」という力を持っているということ。時に、彼のクラスメイト・綾地寧々も秘密を抱えていた。

それは 「自分の意思に関係なく発情してしまう」というものだった。
当初2人はただのクラスメイトに過ぎなかったが、ある日 柊史は不慮の事故から発情した寧々のオナニーシーンを目撃してしまう。
その後2人は急接近し、秘密を共有する仲に。そして彼は、寧々が自分の意思に関係なく発情してしまう理由と、 「魔女」と呼ばれる存在があることを知るのだった。

・ストーリーについて(シナリオ:保住圭、籐太、天宮りつ)

日常シーンは多いですが、キャラ同士のやりとりの内容が面白いのあと、 立ち絵が可愛いのとヒロインの表情が豊かなので、見てて飽きずにすいすい読めました。

シナリオは重厚なものではなく、むしろ軽いさっぱりしたものなんですが、矛盾や疑問なども特になく、プレイ中に変な違和感を持つ事もなく、常に可愛く魅力的なキャラとの会話を楽しめました

「シナリオは微妙」っていう声はけっこう聞いてましたが、まあシリアス度はあんまないですが、軽く楽しむ分には充分でした。

僕は基本的にエロゲをプレイする時は「キャラを攻略したい。」というよりは「物語を読みたい」って意識の方が強いんですが、今作においてはキャラがあまりにも可愛過ぎるので、 「この子攻略してぇぇぇぇ!」って感じでプレイしてました。

個別ルートに入ってからは、シナリオだけで見れば展開も何となく読めるし、退屈なものなのかもしれないですが、そこもキャラが可愛過ぎるので、話の内容よりも、とにかく萌えてました。

後、メインヒロインの綾地さんシナリオは一番良く出来ていて、ちょっと感動しました。最後にプレイする事をおすすめします。エンドはもちろん変な捻りも無く、大団円の爽やかな終わり方です。

・キャラについて

主要キャラ紹介

・綾地 寧々(CV:桐谷華)

nene-ayachi

姫松学院の2年生。 可愛くて人当たりが良く、学院でも人気者。ただ、魔女という秘密を抱えているために、人付き合いはあまり良くない。
なぜなら魔女の契約を交わした代償として、ところ構わず “発情” してしまうから。

・因幡 めぐる(CV:遥そら)
meguru-inaba

姫松学院の1年生。 見た目は派手で軽い印象の少女。しかしそれらのイメージは、すべて学院デビューをした結果。

本当はひとりでゲームなどをしているのが好き。

・椎葉 紬 (CV:黒咲そら)
tsumugi-siiba

姫松学院に転入してくる2年生。 可愛い見た目とは裏腹に、男子の恰好をしている。

男装は趣味ではなく、寧々の発情と同じく契約の代償。 女子の服装をすると体調を崩してしまう。

・戸隠 憧子(CV:明科まなさ)
touko-togakushi

姫松学院の3年生。 学生会長で人望があり、その見た目と豊満なバディーで学院の人気者。綾地寧々が2年のアイドルであるならば、3年のアイドル的存在。
笑顔を絶やさず誰にでも優しく、理想的な先輩で大勢の学生から慕われているが、実は人をいじることが好きだったりもする。

・仮屋 和奏(CV:小鳥居夕花)
wakana-kariya
主人公のクラスメイトであり、数少ない異性の友人。性別を気にせず、男女に同じ態度で接する快活な性格の少女。

しかし恥ずかしがり屋な部分もあり、人前に出たりするのは苦手。

メインヒロインの綾地さん始め、 「エロ可愛さ」が尋常じゃないです。

dthfghffghregdfgsrgggdgsrgsdgfgfgghj

外見はもちろんの事、台詞とかも男の萌え心を上手く掴んでいて、思わず悶えてしまいそうになります。

可愛さとエロさでここまで満足感のあるキャラは「Toloveる」(漫画ですが)以来かもしれません。「Toloveる」は僕が唯一「シナリオなんて知らん。」って感じで買える作品なんですが、ゆずソフトさんも負けてないですね。ここまで人気なのも納得です。

・音楽について(音楽:Famishin)

なんかまったりした感じのBGMが良いですね。和みます。シリアスシーンでの切ない感じのBGMも良かったです。

・CG、演出について(原画:こぶいち、むりりん、こもわた遙華)

キャラ絵はシンプルというか、あっさりとした感じなんの絵なんですが、すごく可愛いです。あくまで僕がプレイしてきた中での話ですが、ヴィジュアル的には1,2を争う可愛さです。

背景もまたさっぱりした感じのCGです。

まず、システム面でいいなと思ったのは「お気に入りボイス機能」です。一時期、エロゲをやりながら名言とか、可愛いところのボイスを録音してWalkmanに入れて後で聴いて楽しんだりしてましたが、この機能があるといちいち録音の為にゲームを止める手間が無くなるので快適ですね。

後、流石に萌えゲーブランドで有名なだけあって、 台詞に合わせたキャラの表情と仕草が非常に緻密 で素晴らしいです。

例↓

fhgghgdgdgfdfg

この一文だけで表情の変化は二回。さらに、「な、なに言ってんの」の部分でびっくりを表現するように上にちょっと跳ねる辺りも上手い。

一文の間に4,5回表情が変わったりします。やはり最近では最早この要素は萌えゲーには不可欠な気がしますね。せっかくなので途中でおボイススキップせずに最後までキャラの表情の変化を楽しむ事をおすすめします。

・まとめ

萌えゲーはたまにしかプレイしないんですが、かつてない満足感のある萌えゲーでした。お世辞とかじゃなくて、 萌えゲーとしての欠点は全く見当たらないです。

後、このゲームはかなり 「抜け」ます。僕的には外見だけ可愛くてさっさとHシーンに突入するような抜きゲーよりも、ちゃんと物語があって、それなりに感情移入もして、本当にそのキャラが好きになって・・・という過程があった方がいい意味で「焦らされる」ので、興奮も相当なものになります。

シナリオに過度な期待はしない方がいいと思いますが、意外に悪くないですし、萌えを求めるなら全力でおすすめします。買って後悔はしないと思います。

以下の要素を求める人には特におすすめしたい作品です。

・キャラ萌え
・エロい
・ギャグ

サノバウィッチ ダウンロード版


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素晴らしき日々 ダウンロード販売

コメント

  1. アルバリ より:

    このゲームの良さをまとめたいい記事だと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧
    いつも楽しんで読ませていただいてます、ありがとうございます((。´・ω・)。´_ _))ペコリ

    P.S.
    キャラについての項目で、下から2番目の画像はサノバウィッチではなくDRACU−RIOT!のキャラです

    • シナリオゲー大好き より:

      コメントありがとうございます!
      そういっていただけると励みになります。どうもありがとうございます。

  2. 忍者ハットリくん より:

    いつも読ませてもらってます!(^O^)/ 僕はいま面白いエロゲブログ探しています
    管理人さんはどこかいいところ御存じないですか?
    上にあるリンク欄も見させてもらったんですがリンク先のブログはそこまで良いブログではなかったので、、、、
    管理人さんがここはすごいよと思う所あったら教えてください(*^^*)

    • シナリオゲー大好き より:

      コメントありがとうございます。

      うーん、そうですね。最近、あまり他のブログを見てないのでちょっと思いつきません。お役に立てず申し訳ありません。ただ、僕も登録してますが、エロゲブログしてる人は批評空間に登録していることが多いので、↓のリンクからレビューブログさんは結構探せるかもしれません。
      https://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/reviewkoushin.php

  3. ルーツ より:

    管理人さん

    初めまして。
    最近、エロゲに興味が湧き、本サイトを閲覧させていただいております。

    特にランキングは、上位のものからプレイして行こうと思っております!

    そこで、ちょっとお聞きしたいのですが、管理人さんがプレイしてきた中で、おすすめの鬱エロゲってありますか?

    沙耶の唄というのは、今後プレイしてみようと思ってます。
    もし、なにかありましたらお教え下さい!

    • シナリオゲー大好き より:

      コメントありがとうございます。

      少しでもこのサイトが参考になりましたら幸いです。そうですねー、鬱ゲーはそこまで数やった訳でもないのですが、結構シナリオが本当に面白いやつは重かったり鬱な要素を含んでるところはおおいですね。

      このサイトで紹介してるのだと方

      ・穢翼のユースティア(鬱度は軽い方ですが、ダークファンタジーで話は本当に面白いです。)
      ・ASTER(本当不幸に不幸が重なる話ですが、最後は少し救われる感じです。)
      ・PHANTOM(沙耶の唄と同じライターさんで、fate/zeroとかまどマギの人なんですけど、この人の中では鬱度は軽い方。とにかくハードボイルドでハマります。)
      ・素晴らしき日々~不連続的存在~(電波、百合、狂気、いじめ、レイプとかいろいろありますが、難解な考察ゲーでもあります。一部のBADENDは結構キツイです。)
      ・殻ノ少女、虚ノ少女(猟奇殺人の話で、ヒロインが次々と残酷な死に方をするのでキツイです。)
      ・キラ☆キラ(メインヒロインのルートだけ特に話が重くて、キツイシーンあります、やけに現実的です。)
      ・装甲悪鬼村正(鬱って感じよりかはとにかくテーマが重いです。でもメッセージ性は凄いし、かなり面白いです。)
      ・マブラヴオルタネイティヴ(私的に最も鬱にさせられた作品です。燃え要素もありますが、とあるショッキングシーンからの鬱展開は半端ないです。現実に影響でるレベルでした。)

      こんな所でしょうか?特にマブラヴオルタは名作ですが、やるなら相当の覚悟が必要だと思います。ある程度のグロ耐性も必要ですし。

      この中だと、穢翼のユースティア、ASTER、PHANTOM、キラ☆キラ、辺りがやりやすいかなと思います。

      • ルーツ より:

        返信頂き、ありがとうございます。

        マヴラヴは気になっていたので、やってみたいと思います!
        (Windows7のpcが必要なみたいなので、予算と相談しますw)

        他にも、紹介して頂いたゲームを調べて、自分に合いそうなのからやってみます!

        返信頂き、本当にありがとうございました!
        これからも、更新頑張って下さい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です