蜜柑


C’s ware制作のゲーム「蜜柑」の紹介、感想記事を書きたいと思います。※プレイ時間目安:15~20時間

 

独特な文章が魅力の朱門優さんのシナリオと言う事でプレイしたこの作品ですが、かなり変わった設定の物語になってますが、予想以上に面白かったです。14年前の作品なので、大分古いです。

  ・感動・・・8
・ハマり度・・・8(怨毒の塊は10)
・キャラ・・・8
・音楽・・・10
・CG、演出・・・9
・総合・・・9

あらすじ
主人公は「蜜柑屋」の主人に、過去の自分の作品「虚ろなる器」を渡される。
彼は続きを書いてみようと、決まらずにいたヒロインの姿を思い描きながら本を開いてみた。

すると、 不思議なことに、想像の世界が目の前に広がり、自分自身が物語の主人公となってしまった!

そして、彼女達は描いた物語のままに行動を始める。

ところが、 その中に彼が作り出していないはずの二人目のヒロインが現れた。この二人目のヒロインの行動は彼の創作の中にはなく、やがてその存在が物語に波乱を呼んでいくことになるのだった。

・ストーリーについて(シナリオ:伽遠蒔絵、朱門優、小熊秀男)

↑のあらすじで既に書いていますが、小説家である主人公が、 自分で創作した物語の中に入っていくという非常に変わった設定 の作品です。

また、主人公が創作した物語は3つあり、それらの物語を行き来していく感じで、1つ目が終わったら次という感じではなく、各物語を少しづつ進めていく感じになります。

sdsdfsdf

↑どれか一つ選んで進めていく

どの話を優先的に進めていくかは選択肢によってある程度自由に調節できますが、物語を選べるときと選べない時とがあるので、終わったら次、という風には出来ないようになってると思います。

ただ、それぞれが繋がってくるのは分かっているとはいえ、それぞれの話で雰囲気がかなり違うので、気になった話を重点的に読むというのもいいかもしれません。

中でも 「怨毒の塊」という話はかなりホラーで狂気な雰囲気が出ていてハマり度も抜群で面白かったです。(それだけにいい所で話の転換を強いられると「続き気になるんだけどッ!ってなる所もけっこうありました。)

急な場面転換が多いので、 読み飛ばしていたりするといきなり訳が分からなくなるので気をつけましょう。(普通に読んでてもけっこう訳わかんないですが)

世界観もどことなく 不思議というか怪しい、ホラーチックで独特な雰囲気が醸し出てますし、これは予想通りでしたが、朱門先生なので、一風変わった独特な文章もまた面白いです。

また、主人公が小説家というのもあり、今作は 「物語を書くという事とは何か?」というなかなか珍しいメッセージ性を持った作品でもあります。

感動して泣くとかはないですが、普段は特に考えもしないような事を

「あー、なるほど、確かに。。。」

って感じに考えさせられました。

結構選択肢多いですし、スムーズに攻略したい際は以下のサイトを参考にすると良いです。↓
http://tryspace.net/game/mikan/

また、一週目が終わっても二週目で違う展開を見せるので気をつけましょう。

・キャラについて

この作品についてこの項目を書くのが難しいというか、なんて書けばいいのか思いつかないです。(別にキャラに魅力がないとかそういう問題ではなくて、なんというかこの作品はストーリー=キャラ(?)みたいな感じで分けて考える事が上手くできません。)

キャラは外見は同じでも、それぞれ3つ(現実も入れると4つですが)の話の中では違うキャラとして登場します。話によっては全然性格が違ってたり、似たようなキャラだったりするので、一概に「こんなキャラでした。」ってのは言いづらいです。

ただ、主人公含め、主要キャラは5人というのは統一されてます。

・音楽について(音楽:尾形雅史)

BGMがとてもいいです。雰囲気が出まくりです。作品の不思議で怪しくてホラーチックな雰囲気はこのBGMによるところが大きい気がします。

曲自体は、この作品で使われているのよりも良いBGMは多くありますが、この作品程、BGMが物語にマッチしていて、雰囲気を引き立てている作品は中々お目にかかれない気がします。

特に「怨毒の塊」でのBGMは僕の中では「魔法使いの夜」や「シンフォニックレイン」「マブラヴオルタ」「クラナド」などの名作と並ぶ程の引き立てっぷりでした。

ですので、 この作品をプレイする際はイヤホンの装着を強くおすすめします。イヤホンするとしないとでは雰囲気の感じ方が違ってくると思うので。

・CG、演出について(原画:葱)

14年まである事を考えればキャラ絵、背景共に綺麗な方なのではないかと思います。今見ても普通に可愛い事は可愛いですし、古臭さもそんなにないですし。むしろ背景はなんか雰囲気出ててよかったぐらいです。

c8380sample1c8380sample3aasdasdadswrsdfdsffsfedfddgd

また、演出面も↑少し書きましたが、「怨毒の塊」では特にBGMが物語の雰囲気を引き立てているのもありますが、 効果音などでも読者を「ドキッ!」とさせる演出も施されているのは評価できると思います。

・まとめ

予想以上に面白かったです。隠れた良作と言っていいと思います。(「怨毒の塊」なら名作と言っていい。)

以下の要素を求める人には特におすすめしたい作品です。

・雰囲気、世界観が良い

・設定が面白い

・音楽が良い

・ホラー

・狂気

・難解、考察しがいあり

蜜柑 ダウンロード版(DMM)

蜜柑 ダウンロード版(げっちゅ)

※ダウンロード版でのDMMとげっちゅの違いですが、価格は同じ事が多いですが、還元されるポイント含めれば、げっちゅの方が数百円程お得な場合が多いです。

ちなみにHシーンは数は割とあるんですが実用性はないです。また、普通の「好き合った上でのH」ってのがほぼ皆無で何かしらというか不純な感じというか、含む所があるHシーンになっていて、割とそのまま物語の内容的にも見ておいた方がいい場合もあるので気を付けましょう。(僕は基本Hシーンはスキップするか流し読みするのですが、今作においては気持ち早目に読むくらいでした)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素晴らしき日々 ダウンロード販売

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です