シナリオゲーであるエロゲーに「エロ」は必要ないのか? シナリオがあるからこそ生まれる興奮


シナリオゲーであるエロゲーに「エロ」は必要ないのか?
これに対する僕の答えは

「無いなら無いで仕方ないが、あればなお良い。」

です。1、2年前は「エロゲにエロは要らん。」ってスタンスだったんですが、だんだん考えが変わってきました。

抜きゲーはトータルで10本もやった事はないですが、本当にそそるエロというのはシナリオゲーの中にこそあるのではないかと最近は思うようになりました。

まず、そんな最高に興奮するエロシーンというのを始めて知ったのは「white album 2」です。

WHITE ALBUM2(「introductory chapter」+「closing chapter」セット版)

エロゲですから、外見は可愛いのは当たり前なんですが、この作品のエロシーンは単に外見が可愛いというだけでは説明出来ない興奮があります。

というのも、抜きゲーと違って、シナリオゲーはプレイして数分で直ぐにエロシーン突入とはならないんですね。エロシーンに至るまでの濃い物語がある訳です。

その中でヒロインの色々な顔を見て、どんなキャラなのかというのが、単にキャラ説明を読んで理解するとかではなく、実感を持ってわかってくる訳です。そんなヒロインと主人公(自分)の間には確かに積み上げてきた時間があります。

そして、エロシーンというのはその積み重ねてきた辛かった、嬉しかった、悲しかった時間と想いが爆発する瞬間とも言えます。

さらに、各々のシーンでは単に、

「目の前の女がエロ可愛いくて興奮したからセックスする。」

というような動機ではなく、(まあ、本質はそこなのかもしれないですが、)お互いにそれぞれ複雑な想いを抱えながら体を重ねたりする事もある訳です。

とにかくですね、僕もたまにAVとか見ますが、あういう単に外見がエロくて興奮するのとは別種の、それまでのストーリーがあり、そのキャラについて深く知る事が出来たからこそ得られる興奮があります。

これはもう物凄い興奮ですよ。特に麻理さんを押し倒した時の興奮なんてもう言葉に出来ないくらいでしたね。

3gm6J3U

というか、「White album 2」の場合は、何の心配事もなく互いに「愛してるよ。」なんて感じで単純なラブラブのエロシーンがほとんどないです。互いに何かしら抱えながら・・・そんな訳ありなHシーンだからこそあそこまでの興奮が生まれたんだと思います。

とそんな感じで、僕の基本的なスタンスとしては「一番大事なのはシナリオだけど、やっぱりエロはあるといいよね。」ってところです。

僕もそうですが、年頃の男なんてどうせ年中盛ってて毎日のようにシコシコしてるんですから、メーカーとしても100%と言っていいほどに需要があるエロを入れるのは理に適ってるでしょうし、こちらとしても、日々のおかずをくれるのはありがたい事です。

しかし、エロを入れれば、大多数が食いつくのは確かですが、同時に「エロがあるから。」離れる層も一定数いるのも確かでしょうね。

・無闇やたらにエロゲに偏見とか先入観持ってる人。

・「エロゲ」という言葉を文字通り理解して、「エロゲ=エロだけのゲーム=おかずとしての価値しかない」と認識して、「別に興味ないわ。」ってなる人。

前者はもう結構仕方ないのでいいとして、後者のような人種は認識が変われば客になる可能性もあるわけですから、シナリオゲーを作るメーカーとしてはどっちをとるか悩む所でしょうね。

その辺、フロントウィングさんの「果つることなき未来ヨリ」の「全年齢で出すけど、エロ欲しい人は言ってくれ。エロも入れるから。」っていう売り方はとても上手かったと思います。

果つることなき未来ヨリ 初回生産版(初回生産特典:グリザイアシリーズ アナザーストーリーゲームDL用コード付き)【予約特典:1.ビジュアルファンブック「無政府領土防衛民兵団戦記」 2.ボーカルコレクションCD「果てなき聖唱」 3.X-RATED版レーティングコード付き】

エロを楽しみにしているユーザーの期待にも応え、さっき言った「認識を改めれば客になるかもしれない層」にまで手を伸ばしています。(実際、この試みがどれほど上手くいったかは外からは分かりませんが。)

一方で、例えば「魔法使いの夜」とか「CLANNAD」みたいにエロが無い方が映える作品もあります。この二作なんかは前者は演出、後者は感動という超強力な見所があるので、とってつけたようなエロがあっても逆に「は?」ってなったかもしれませんね。

他にも車輪とか、G線、村正とかユースティアくらいシナリオが面白いとエロシーン来ると「いや、別に今エロいらんから続き続き。」って感じでスキップしちゃうんですけど。

「話の先が気になる~。」って時にエロ持ってこられても、あんま反応しないんですが、エロシーンに至るまでの過程が秀逸だとさっきも言いましたが物凄い興奮が生まれるのは間違いないと思います。

そんな感じで、昔はエロゲのエロに否定的な僕でしたが、最近はエロシーンも楽しめるようになってきました。

これも今までに何回か言ってる気がしますが、エロゲってそれなりに値は張りますけど、良い物語、絵、音楽、エロが全部エロゲ一本に入ってると考えとほんと贅沢で素晴らしい媒体だとつくづく思います。ほんとに、止められる気がしませんね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素晴らしき日々 ダウンロード販売

コメント

  1. ShinGR より:

    実は私はエロシーンが苦手で、そういうシーンが来るたびに未読スキップをしています。それに関して切実な相談をさせてください。

    私はエロシーンに突入すると気分が急激に萎えてしまい、どんな魅力的なキャラでも「性行為」をしてしまうとそれまでのキャラが虚像であるかのように思えるのです。
    アイドルはトイレをしない~みたいなのとは少し違いますが、心のどこかでヒロインにそういうことをしてほしくないと思ってしまうんですよね。

    自分と性格が似ていたり、共感していたキャラが性行為をすると、恋愛感情や性的欲求が無い私は意味がわからず置いてけぼりにされるんです。

    私がキャラを神聖視し過ぎているのか、それとも私自身が神聖な存在なのでしょうか…

    深い悩み相談にはなりましたが、返事していただけると嬉しいです。

  2. シナリオゲー大好き より:

    コメントありがとうございます!

    ShinGRさん的には、シチュエーションとかエロシーンまでの入り方とか主人公やヒロインがどんなキャラとかは関係なく、エロシーンはとにかく苦手でスキップする、という事でしょうか?

    私もやはりシナリオ重視なので、その時にムラムラしてるとか、たまたまシチュエーション的に好きな時以外は、エロシーンはスキップしてます。

    シナリオゲーの場合ですと、「入れなくても大丈夫だけど、入れておいた方がユーザーも喜ぶだろう。」という意図でメーカー側も入れてると思うので、「いや、別にここでエロいらなくないか?」という事は割とありますし、あまり露骨にとりあえずエロ入れときました感があると、逆に萎えるって事も少しですがあった気がします。

    とは言っても、これは僕の場合で、多分、ShinGRさんの今問題にしている事はたぶん

    「無意識のうちに何か、または誰かを神聖視してしまうという事」

    ですよね。これは僕も同じような経験をしたことはありますし、現在進行中な事でもあります。

    中学生の頃の話ですが、先ほどShinGRさんが例に出した事まんまなんですが、ある女優にドハマりして、「あの子は絶対〇〇だ。○○なんてしない。」みたいに勝手に思い込んでいました。それはもう思い返して自分で引くぐらいに。

    そんで現在ですが、僕はエロゲやアニメが本当に素晴らしいと思っていて、「これらを作り出しているクリエイターさん達は本当に神様だ。」みたいに思ってしまっているのですよね。クリエイターに対する敬意と言えば、聞こえはいいんですが、僕の場合、以前のように、「こんな素晴らしい作品を作る人達はきっと人としても欠点なんてない人格者に違いない。」くらいに思ってしまっている自分がいるんです。

    それこそ、今話題にしている「神聖視」ですね。自分でも出来ていないようなことを「勝手に他人に期待して押し付けている」のですよね。他人だから、自分にとってムカつく事や期待外れな事もあって当然なんですが、もう理屈ではないのですよね。

    結局の所「神聖視っていうのは行き過ぎた期待。」だと思うんです。(信じる事とも言えると思いますが、)

    しかし、期待とか信じるってのは僕のBOTでもそんな感じの事はよく流れてますが素晴らしい事で、なかったら非常に残念な人間になってしまうでしょう。
    しかし、期待とか信じる事とかが行き過ぎて神聖視とかまでいってちゃうと逆に自分を苦しめる事もあります。

    これはリアルでの経験談ですが、数年、毎日のように一緒に仕事をしてきた人であっても、「この人は〇〇な事はしない。」なんて所詮自分の勝手な思い込みに過ぎません。その人が自分にとっては理解不能で期待外れな行動をとっても「他人」なんですから何も不思議な事はない、という事をつい最近身を以って実感しました。

    リアルではなくエロゲとはといっても、当たり前と言えば当たり前ですが、人間をモデルにしてる訳ですから、そこにいる彼ら彼女らの行動は私たちと大差ないはずです。(まあ、ゲームなんで、そりゃあ変な事とかリアルではありえないこともしますが)

    特に3大欲求なんて最たるもので、食べもしないし性欲もないキャラなんていないはずです。まあ、トイレはいちいち描く必要もないですが。少なくとも僕は見た事ないです。

    私や(たぶんShinGRも)がよくやっている物語を読み進める事がメインのエロゲである以上、主人公やヒロインは他人の手によって作られている以上、他人と同じです。

    あまりやったことはないですが、抜きゲーとか選択肢が多くてヒロインの性格とかを自分好みで出来るゲームもあるかもしれませんが、それでも制作者じゃないので、結局は与えられたもので、自分の期待とズレる事は仕方がないでしょう。

    ですので、

    「まあ、他人だしな。」ゲームなら、「他人が作ったものだしな。」とこれは仕方がない事なんだと。「結局、俺が勝手に期待しているだけなんだ。」と割り切るしかないと思います。割り切れなくても、「そういうものなんだ。」と何度でも割り切ろうとするしかないと思います。

    しかし、逆にいろいろと割り切り過ぎると、「何にも期待できない。信じられない。」みたいな状態になりかねないので。

    何事もバランスというか、割り切る時は割り切る、期待する時はとことん期待する、割り切るものと期待するものを分ける。とか両極に行かないように工夫する、のがベストかなと僕は思います。

    というか、僕自身かなり極端な人間で、今言ったのは何より僕自身が気を付けなくてはならないことなんですけどね。

    割と長文になってしまいました。思いつきで書いてるので読みずらいかもしれませんが、何か参考になれば幸いです。

  3. なんかいいエロゲはないだろうか より:

    私は、エッチシーンだけ別に書いて後からある場面に差し込んだ、みたいな感じがするのは好きじゃないですね。本編と全く関わりがないなら、おまけとして切り離すのはアリですが、そういうのは大抵見ないまま終わります。好みのヒロインじゃないとか、流れ的にあまりに不自然だと飛ばしますが、わざわざエロゲをやるならなるべく見たいです。このヒロイン超可愛いし、イチャイチャしたりエッチなシーンは見たくはあるけど、今じゃないんだよなあと感じることはあります。そういうシーンへの持っていき方も含めてストーリーが上手く作られていればいいんですがあまり無いですね。あと、CS版が出ていて、明らかにエロ要らないだろって感じるものや絵が好みじゃない場合はCSでやるかもしれません。

  4. G より:

    コメントありがとうございます

    「私は、エッチシーンだけ別に書いて後からある場面に差し込んだ、みたいな感じがするのは好きじゃないですね。」

    そうですね。これは分かります。やっぱりそういう流れで自然にエッチシーン行って欲しいですよね。

    「え?ここで?」みたいなあまりに不自然なのもたまにありますけど。

    まあ、エロゲだからとりあえず入れとかなきゃ、みたいなのはあるんでしょうけど。

  5. ふちさ より:

    初コメ失礼します。
    管理人さんのご意見大変参考になりました。

    >無いなら無いで仕方ないが、あればなお良い。
    これは本当にそうだと思います。管理人さんは別の記事で拉麺の叉焼に例えておられたと思うのですが、昔あるラノベで「家庭移植されたエロゲは挿絵のないラノベも同然」みたいな台詞があったのですがこれも妙に納得しました。無くても成り立ちますけど、無いと寂しいと言いますか物足りないですよね。私も気分じゃなかったり目当てのキャラのシーンじゃなかったらスキップしがちですがそれでも無いと不満です。使うためだけじゃなく、見る楽しみやソレがあるという事実も重要と言いますか。そもそもエロゲである以上エロがある事前提で作られてるわけですから、無いと不自然な感じになる作品もありましたし。「うたわれるもの」とかエロ無しでも成り立ちはしてましたが、移植版がシーンの部分を丸々削除しただけだったので展開が急だと感じるシーンがありました。

    >本当にそそるエロというのはシナリオゲーの中にこそあるのではないか
    私も実際、エロシーンを乱発される作品よりも、ストーリーとエロ両方に入れている作品の方が良かったりします。例えるなら、前者がインスタント食品で後者は手間のかかる創作料理みたいなものかなと。手軽に済ませたいなら前者ですが実際、買って良かったと思うのは後者です。ガチエロゲでも人気のある作品はストーリーもしっかりしている事が多いですよね。
    同人ゲーでも人気のある作品はストーリーやキャラ立ちは勿論、ゲームとしての面白さも追求されていますし。

    >エロシーンというのはその積み重ねてきた辛かった、嬉しかった、悲しかった時間と想いが爆発する瞬間とも言えます
    恋愛要素のあるゲームではエロシーンはやはり外せないなと実感させてくれる瞬間ですよね。恋仲になった証のようなものですし。特にツンデレキャラだと最高です。エロシーンの時に嫌われてた初期を思い起こすと感動も一段と深まりますね。そういう理由でキャラの中でもツンデレが特に好きですね。ツンデレというピッタリな素晴らしいネーミングを与えてくれたエロゲには感謝してもしきれません。アニメでは廃れたらしいですが、ゲームではいつまでも現役でいてくれるでしょうし嬉しい限りです。まあ、アニメのツンデレとゲームのは意味合いからしてちがうのですが。

    >エロを入れれば、大多数が食いつくのは確かですが、同時に「エロがあるから。」離れる層も一定数いるのも確かでしょうね。
    エロがいらないからCS版を待つっていう人も少数派ですけどいるみたいですね。どの道買うなら気にする事もない気がしますけど、ファンとしては出来れば原作を買って貰いたいなという思いがあります。

    >無闇やたらにエロゲに偏見とか先入観持ってる人。
    こういう人ってエロいもの全てに理解がないのでしょうか。よく言えば厳格ですが、悪く言えば子供だなと思います。年頃になれば性に関心を持つのは当然の事なのに。他人がエロ本読んだりAVを見ていてもそこはスルーしなくちゃいけませんよ。日本の性教育の遅れを感じますね。
    某エロゲの名言にこんなものがあります。「変態は秘すべき事ではあるが恥ずべき事ではない」言われた瞬間感心してしまいました。
    どんな嗜好を持っていても他人にそれを咎める権利はありませんよね。この言葉を聞いてから私も理解出来ないことに出会しても否定する事だけはやめようと心がけています。勿論、悪事ならその限りではないですが。

    >「エロゲ」という言葉を文字通り理解して、「エロゲ=エロだけのゲーム=おかずとしての価値しかない」と認識して、「別に興味ないわ。」ってなる人。

    そういえばご存知で無かったら申し訳ないですが、FGOというものがありまして、(私は名前しか知りません)そこからフェイトに入った人は原作がエロゲだと言われると怒ったりする人もいるらしいと聞きました。流石にごく僅かでしょうが、よくわからないんですよね。例えばジブリが実は官能小説が原作だったりしたら黒歴史を持ち出されたとして不満な気持ちを抱くのも分かりますが、フェイトなんて明らかにオタク向けなのに原作がエロゲだからなんだというのでしょうか。そもそも見たところFGO自体もエロいですし、外伝のアニメのプリズマイリヤも下手な抜きゲーよりもエロいのにそこはいいかと疑問でした。
    それを言ったらエロゲ原作者でラノベ書いてるのなんてごまんといますし、FGOに限らず絵師なんてほとんどがエロゲ絵師だと思うのですが。
    オタクコンテンツ自体にエロは切っても切れない関係なのにそこに偏見を持つのはナンセンスだなといった印象です。今まで一度も二次元に興奮した事のないものだけがエロゲに石を投げなさいと言ってやりたい。

    >後者のような人種は認識が変われば客になる可能性もあるわけですから
    変わって欲しいですけどね。前に泣きゲーはエロありきじゃないから文学のようなもの。抜きゲーはオタ向けみたいな意見を見たのですが、興味のない人からしたらどちらも同じですし、どちらも大好きというか愛している私から見ても方向性が違うだけで大別すれば一緒ではないかと思ってしまいます。抜き目的のガチエロゲーでもシナリオが良いのは普通にあるのに。偏見を持たずにやってみて欲しいものです。

    >良い物語、絵、音楽、エロが全部エロゲ一本に入ってると考えとほんと贅沢で素晴らしい媒体だとつくづく思います。ほんとに、止められる気がしませんね。
    全くその通りです。シナリオが楽しめて魅力的なキャラクターまでいて、エロ成分まで補給出来る…。何と素晴らしいものなのでしょうか。普通のゲームも大好きですがエロゲに至っては感謝の域です。商業も同人もこれから頑張って欲しいものです。去年、AVと二次元のモザイクが取れるかもしれないなんて話もありましたからね。実現するかは分かりませんが、実に嬉しい知らせでしたよ。

    管理人さんのご意見が非常に参考になりましたので思わず長くなってしまいました。失礼致しました。

    • G より:

      はじめまして!

      こんな止まってるブログにこのような熱いコメント、本当にありがとうございます

      非常に励みになりますし、かつての情熱が再燃してきますね。

      ここ最近は考えあって、エロゲから離れてますが、やはりエロゲ は素晴らしい媒体だという考えはずっと変わっておらず、エロゲ業界、ひいては私の愛する二次元の業界に何か出来ないかと画策しております。

      しかし、やはりエロゲやってないとやりたくなってくるのも確かなので、時間作ってまたやってきたいと思います。

      このようなコメント、とても嬉しかったです。

      ありがとうございました!

  6. ふちさ より:

    返信ありがとうございます!
    いえいえ、熱くなってしまいお恥ずかしい限りです。というか疑問や愚痴らしきものまで含まれてしまい申し訳ない。好きなものに対して熱くなってしまうのはオタクやマニアの性なのでお許しください。

    離れてらしたのですか。それなのに直ぐにコメントして下さり嬉しい限りです。どうもありがとうございます。
    ツイッターの方も拝見させて頂きましたが、心に残る名言ばかりでしたね。エロゲへの愛が伝わってきました。

    >ひいては私の愛する二次元の業界に何か出来ないかと画策しております。
    おお、壮大な目標ですね。私も今はまだ大した事は出来ておりませんが、いずれは貢献していこうと思っております。その為にも努力しないといけませんね。

    >かつての情熱が再燃してきますね。
    それは良かったです。エロゲも昔程の勢いは失われてしまっていますよね?ですので、そういった熱い気持ちは大事だと思います。残っている所は残っていますし、同人の方が発展しているのでそんな気はしませんでしたがやっぱり厳しいんですかね?
    DMMとかで頑張っているとは聞きましたが…

    >時間作ってまたやってきたいと思います。
    ブログやエロゲから離れてらしたのはお時間の都合もあるのですね。まあエロゲって基本ノベルゲーなので時間がかかるものですから無理もないですね。同人作品なら長編作品から短編まで揃っていますのでオススメですよ。同人作品は未体験でしたら是非プレイしてみて下さい。

    >このようなコメント、とても嬉しかったです。
    私の拙い文章が多少なりともお心に響いたのなら光栄です。愛していると豪語しましたが、それ程やり込めてはいないのですけどね。私にとってゲームは趣味というよりは日課になっていてエロゲもその一つなのですが、エロゲは寝る前にだけプレイしている感じです。他の時間は普通のゲームや他の事に費やしているのであまりぶっ通しでは出来ないんですよね。不謹慎ですが新型コロナの影響で外出禁止にでもなってくれたらと思ってしまいます。
    ですので、エロゲについてこれだけの見解を述べられている管理人さんには感服するばかりです。管理人さんの仰る画策がどのようなものかは分かりませんが、離れていらした理由もきっと私には想像もつかない事なのだろうと思います。同志として陰ながら応援させて頂きますので今後とも頑張って下さい。

    • G より:

      またまた大変励みになるコメント感謝致します!

      「好きなものに対して熱くなってしまうのはオタクやマニアの性なのでお許しください。」

      いえいえ。こうしたこだわりはほんと大事だと思います。生きがいとすら言えると私は思いますし。別にエロゲ に限らず何かに対してこうしたこだわりを持った人の話は聞いてて楽しいものです。

      「同人作品なら長編作品から短編まで揃っていますのでオススメですよ。」

      ありがとうございます。完全にノータッチというわけではありませんが、そこまでやってはいないので、その際はまた色々教えてください!

      「管理人さんの仰る画策がどのようなものかは分かりませんが、離れていらした理由もきっと私には想像もつかない事なのだろうと思います。同志として陰ながら応援させて頂きますので今後とも頑張って下さい。」

      なんかもの凄い事考えてるように聞こえたかもしれませんが、そんな大した事ではないです。

      ただ、エロゲ業界にしろ、アニメ業界にしろ、今の「貢献したいなら買え」っていう仕組みには不満がありまして。買い支える事は確かに基本ではあり、大事ですが、それだけに固執してはお金の流れが悪くなるだけだと感じてます。

      ユーザー側が良いと思ったものに対して、その良いと思った分だけお金を払う、まあ、まさに路上ライブとかである投げ銭みたいなもんですね。あれってシンプルですがほんといいと思います。

      エロゲ で言うと、好きなブランドだからといって、新作出たら100%買うかって言ったら別にそうじゃないこともあるでしょうし、グッズやらも全部買うなんて事もないと思います。

      「ものを買わないと貢献できない」ってほんと不便極まりない思ってます。

      なので、ちょっと前から流行ってるクラウドファンディングなんかは凄い良い仕組みだと思ってますし、後は、ブランドやクリエイターはクリエイター支援プラットフォームみたいなサービスをどんどん使って欲しいですね。

      例えば、fantiaとかci-enとか
      https://fantia.jp/
      https://ci-en.dlsite.com/

      LOSEさんとか既に使ってるブランドもあるんですけどね。このサービス使えば、ユーザーは月額で好きな額貢献できるし、新品のエロゲなら0か7,8000円かっめいう極端な選択肢しかなかったところに月額数百円とかいう選択肢出来たらかなり良いと思います。

      ブランド側もゲームの販売以外にも収入源ができるのでwin winですよね。

      ぶっちゃけ、全部のブランドやってくれれば凄い便利なんですけどね。まあ、中抜きはあるでしょうが。むしろブランド側で公式サイトとかで直接やればいいんしゃね?、とか思いますけど。

      後は、私たちの方の問題も入ってきますけど、もっとアフィリエイトリンクを有効に使おうぜ!って言いたいです。

      以前は「アフィカス」なんて、言葉もよくあったくらい、アフィリエイトって印象あんま良くないとこありますけど、仕組みはほんとにこの上ないほど素晴らしい仕組みだと思ってます。

      そもそも、エロゲ仲間がいたとして、「このエロゲ面白いからやってみなよ!」って言うケースなんてほんとに自然ですし、紹介する川なら、それである程度紹介料入れば、それをまた新しいエロゲの購入費用にも当てられるし、紹介された側も知らなかった面白いエロゲをそれで知ってプレイ出来るなら、完全にwin winです。dmmとか販売する側としてももちろん、商品がそれで売れるわけですから。三者が誰も損しない。完全なwin win winの構図だと思います。

      私などは、好きなクリエイターがブログしてて、自分の商品をアフィリエイトリンクで紹介してようものなら、ページをお気に入り登録して、わざとそこから買うようにしてます。(あんまり多くはないんでけどね(^◇^;)リンクあってもアフィリエイトリンクじゃないとか。アフィリエイトしろよ!!って思いますけど。)

      だって、こっちとしてはタダで貢献出来るわけですから。やらない理由がありません。

      なんで、こんな美味しい仕組み、みんな使わないの?って言うと、最初に言いましたが、「印象が良くないから」みたいですね。keyさんとかは、前までAmazonのアフィリエイトリンクあってかなり便利だったんですが、最近リニューアルしてなくなりました(^◇^;)

      直接あるメーカー何個かに「なんで公式サイトにアフィリエイトリンク貼らないんですか?禁止なんですか?」って聞いたら、あるメーカーさんはちゃんと答えてくれて、「禁止ではないが、使ってると印象が悪くなるかもしれないから」との事でした。

      これってほんっっとうに勿体無いと言うか、誰も得しないというか、損しかないです。

      こんなにみんなが得して幸せになれる仕組みを「印象悪いからなんとなく使わない」こんな下らない理由で。。。って感じです。

      なので、私はそんな下らない印象に囚われるのもうやめようぜ!ってエロゲ業界とかアニメ業界とかその辺りにいるクリエイター、ユーザー両方に言いたいです。

      なんかもうほぼ愚痴になってますが、そもそもなんでアフィリエイトって誰も損しない素晴らしい仕組みなのに印象悪いの?っていうと、原因はわかりきってます。

      私が話した win win winの構図というのは、

      「自分の好きなものを人に紹介するのなら」

      という前提があってこそ成り立ちます。これが

      「自分でクソだとわかってるものを人に紹介する」

      だとどうなるか?紹介する側と販売する側は良いでしょうね。お金貰えるので。ただ、紹介された側はクソなものを買わされた訳ですから、一人だけ損するということになります。

      「自分でクソだとわかってるものを人に紹介する」

      なんでこんな事になるの?というと、これも至極単純。紹介料の事しか見てないから。

      例えそれがクソ商品、クソサービスだとしても、それを紹介してが莫大な紹介料が手に入るなら、残念ながらそれを紹介する人はいます。余談ですが、結構首突っ込んでるから分かるのですが、投資系のジャンルはその傾向が顕著です。99%くらい腐ってます。

      私もアフィリエイトしてるし、やるなら結果出したいと思ってるので、色々調べたり、コミュニティに属したりしてますが、残念ながらアフィリエイトしてる人達の大多数がそんな感じのようですね。グループのリーダーの方とかも「どんなに汚く稼いでも、使うときキレイに使えばいい」とか言ってますし。まあ、気持ちはそれは分かりますけどもね。私には無理でした。実際、一つのスタンスとしてありというか、人間として仕方ないとは思いますし、何にも最優先して結果出す、稼ぐって考えたら正しい考えとも思いますが、私には無理でした。それに沿ったやり方でやってみた時もありますが、数日でギブアップしました。自分がされて嫌だと分かってる事を継続してやるというのはほんとに苦痛なんだと実感しました。

      正直、こうしたアフィリエイト界隈の現状は悲しいし、腹立たしくもあります。「アフィカス」なんて言われるのは間違いなくこういう人達のせいですし、それが根本の原因でこんな素晴らしい仕組みを毛嫌いする人が多くなってるのですから。

      「自分の好きなもの、良いと思ったものを人に紹介するのなら」

      私は、アフィリエイトするならこの大前提は変える事は出来ないですし、この大前提さえ抑えておけば、基本的にアフィリエイトは誰かを不幸にするなんて事はないはずです。まあ、良いと思ってたものが後で悪くなってしまった、なんてこともそれはあり得るでしょうが。

      とまあ、かなり熱くなって書いてしまいましたが、そうした事を、現在、アフィリエイトに対して悪い印象持ってる人とか、アフィリエイトについてあまり知らないとか、考えたことないって人に伝えたいですね。

      これもう記事として書いた方が良さそうですね。

      前からこういう事は書こうと思ってましたが、考えてみると、これについてはタイミングも何もないですし。

      ふちささんの暑いコメントに影響されたのか、私もかなり久々に相当熱くなって語ってしまいました。

      私のやりたいことといえばそのぐらいです。言葉にするとこんなもんですが、これがちゃんといい感じに実現できれば結構でかいんじゃないかと思ってます^_^

      それでは、かなり長くなってしまいましたが、今回からはどうもありがとうございました

      ちなみに、もしふちささんがブログなりアフィリエイトなりしてるようなら、ブログ教えてください^_^
      リストに加えますので

      それでは!

  7. ふちさ より:

    返信ありがとうございます。またもや長くなりますが失礼致します。

    >こうしたこだわりはほんと大事だと思います。生きがいとすら言えると私は思いますし。別にエロゲ に限らず何かに対してこうしたこだわりを持った人の話は聞いてて楽しいものです。
    そう言って頂けると助かります。それとどうでもいい事なのですが、上で触れたフェイトで怒る云々はFGOが原作だと思っている極一部のアレな人達だとファンの人達が言ってました。むしろファンからしたらこの前発売された復刻版を見て原作が広まってこういうニワカが減って欲しいとさえ思っているようです。

    > ちょっと前から流行ってるクラウドファンディングなんかは凄い良い仕組みだと思ってます
    そういえば京アニの記事で仰ってましたね。私はハルヒよりも「らき☆すた」派でしたがあの事件を知ってしばらくは落ち込んでいました。ですが、ニュースでらき☆すたの神輿が担がれたり、海外から多額の寄付金が集まっているのを見て少し元気が出ました。ファンの支えというのはいつの時代も大きな力となるのを実感しますね。
    海外のゲーム会社は製作のためにカンパを募っていると聞いた事があります。日本のとあるゲーム会社が「資金があれば続編出したいなー」と言っていたのですがそれなら何かしらの形で貢献させてくれよと思いました。まあそのゲームかなり独創的な為か日本よりも海外でかなり売れているらしく続編も希望が持てそうなので良かったですが。

    >エロゲ で言うと、好きなブランドだからといって、新作出たら100%買うかって言ったら別にそうじゃないこともある
    まあそうですよね。私も追いかけてるブランドというか、シリーズは恋姫だけなのですが無条件で買うわけではなく面白そうだと思ったら買うというスタンスですし。お布施の為だけに買うのはなんか違う気がします。
    まあそんな事言いつつもこの前巣作りカリンちゃん買ってしまったのですが。結構面白かったです。評判も中々みたいで良かったです。

    >LOSEさんとか既に使ってるブランドもあるんですけどね
    そうなんですか。同人サークルではDLサイトブログが閉鎖?するとか何とかでci-enに移行しているサークルさんが増えているようです。
    商業作品も応援したいので全てのブランドが行ってくれたら嬉しいのは同感です。上でも触れましたが商業エロゲの衰退が長年囁かれている中、頑張っている所には購入以外でも力になれたらいいですね。衰退はもう十数年以上前から言われてますが、未だに月平均30本?くらい新作が発売されていますし、衰退してるなら、十数年前より少なくなっているはずですからね。老舗メーカーは未だに生き残ってるわけですし。
    パッケージのエロゲも豪華特典版とDL販売とありますし、公開されているお店の売り上げだけでは計れなくなっています。中古市場のエロゲ販売数も無視できません。エロゲー評価サイトでは新作より旧作の投稿の方が圧倒的に多いと聞きますし。パッケージが落ちているのは、中古で大量の名作が安価で手に入ること。DL販売などの見えない数字、同人・スマホのシェア拡大といったところでしょうか。
    ↓これを見る限り最近は回復傾向のようです。ttps://mobile.twitter.com/eroge_kousin/status/1118496755350269952/photo/1

    >むしろブランド側で公式サイトとかで直接やればいいんしゃね?、とか思いますけど。
    メーカーも生き残る為に更にクオリティを高くするか、安価のエロゲを作るかの2方向へと進み始めていますけど、仰るように出資を募ってクオリティを更に高くしたゲームをお手頃な値段で販売してくれたらいいんじゃないかなと考えています。
    FANZA(旧DMM)とDLサイトの普及を考えるとエロゲユーザー自体は増えている傾向にあるのは明白ですし、スマホとか色々理由はあるでしょうが、結局商業エロゲが全盛期ほど売れないのは高いせいではないかなと。値段が高いから信用出来そうな作品だけが売れるのもありそうです。
    実際、私も紙芝居形式にしては高いかなと感じてきています。まあそれでも良さげなら買うんですけどね。一概には言えませんが、やっぱり商業の方がストーリーのクオリティは高いですし、何より恋愛アドベンチャーって同人には少ないんですよ。私の主観ですが、同人ゲーって例えストーリーが良くても、使う事を前提に作られているため純粋な恋愛物はないんですよね。最近出たネコパラみたいなのは除いて。
    萌えゲーアワードとかを見る限り商業エロゲで人気がある作品は恋愛要素のあるものですし、恋愛アドベンチャー好きな身としてはこれからも頑張って欲しい所です。ギャルゲーでもいいと言えばいいんですけど、何度言ったか分かりませんがどうせならHシーンがあった方がそりゃいいです。抜きゲよりもシナリオ重視のゲームの方がキャラへの愛着が湧きますし。うたわれも続編がCS版で出たせいでHシーンないんですよ。1とは違ってHシーンがあると成り立たないストーリーなのですが、せっかく入浴シーンがあるのに湯気が邪魔をするのです…。せめてPC版を出して湯気をとって欲しかった。アニメだったらブルーレイを買って謎の光を消せるというのに。

    アフィリエイトについてとても詳しく教えて頂きどうもありがとうございました。そういった事に関しては無知なので参考になりました。
    今はスキルもないですし、他にやる事があるので出来ていませんが、いずれブログも開かなくてはと思っております。下手したら何年か先になるかもしれませんがその時はよろしくお願い致します。

    • G より:

      このたびは、とても励みになるコメント、どうもありがとうございました。元気出ました!

      ふちささんとは、いずれまた機会見て絡みたいですね!ネタ切れなので、短文で失礼します。

      それではまた!

  8. なんかいいエロゲはないだろうか より:

    未だに多くのエロゲが主人公にボイスが無く、極力顔などを見せない、無個性にしているのは、主人公=自分として、ヒロインとの疑似恋愛を楽しむ、恋愛シミュレーションゲームとしての側面があるからだと思っています。

     主人公に立ち絵がある、ボイスがある、キャラが立っている、バトルやミステリーなどがメインで恋愛自体が無いか、あってもほぼオマケ、のような恋愛シミュレーションゲームとしての形から大きく離れているものは、エロは正直無くてもいいかなとは思います。今私がやってるレイルロアの略奪者、は別にエロ無くてもね。

     恋愛アドベンチャーという呼び方もありますし、多くのエロゲはこれだと思うんですが、この辺りのジャンルの定義って曖昧です。恋愛SLGからゲーム性が少なくなった代わりにストーリー寄りなのが恋愛ADVという印象ですが。

    エロゲをプレイする時、自分が恋愛してるつもりでプレイするのか、あくまで一歩引いて主人公とヒロインのラブストーリーだと思ってやるのか、その辺りの認識の違いによってエロが要る、要らないみたいなのが決まってくる部分もあると思います。恋愛もののドラマや映画なんかでいきなりベッドシーンになって気まずくなる、みたいなのあるじゃないですか。エロゲにエロ要らないって人はそういう感覚なのかなと。

    • G より:

      コメントありがとうございます。

      「未だに多くのエロゲが主人公にボイスが無く、極力顔などを見せない、無個性にしているのは、主人公=自分として、ヒロインとの疑似恋愛を楽しむ、恋愛シミュレーションゲームとしての側面があるからだと思っています。」

      それはわかりますねえ。主人公に立ち絵がないと、どうしても「主人公=俺」っていう感覚は出てくる気はします。これはこれで一つの楽しみ方だと思ってます。これが普通に立ち絵が出てきたりすると、その感覚は薄れて、物語を鑑賞しているという感覚になってきますね。私的にはそれぞれ違いはあるのはわかるのですが、どっちが良いとかはなくてどっちもどっちでありだと思ってます。というか、私は面白ければどっちでもいいのかもしれません。作品によってどっちのケースが合う合わないもあると思いますし。

      「エロゲをプレイする時、自分が恋愛してるつもりでプレイするのか、あくまで一歩引いて主人公とヒロインのラブストーリーだと思ってやるのか、その辺りの認識の違いによってエロが要る、要らないみたいなのが決まってくる部分もあると思います。」
      確かにそういうところはあるかもしれませんね。これらについてそこまで深く考えたことはなかったですが、確かにおっしゃっていることは、よくわかりますし、結構当たってる気がしますね!

      しかし、奇遇ですね。私もいまレイルロアやってますよ。3rdeyeはシナリオはなかなか安定して面白いですからねえ。あんましヘビーじゃなくてさくっと軽く楽しいのやりたいときとかいい気がします!

  9. なんかいいエロゲはないだろうか より:

    主観視点を意識して作られているかどうかは、イベントCGの構図などからもある程度わかりますよね。また、構成上どうしても主人公が映る場合には前髪などで隠していたり。バイノーラル録音による、あたかもすぐ隣にヒロインがいるかのように声が聞こえる演出があるゲームは特に意識してますね。

     まあ、こういう恋愛シミュレーションゲーム的な部分が、オタクではない人から見ると、モテない男性の現実逃避だなんだと言われたり気持ち悪がられる理由の1つだとも思いますが。

    エロはあまり変態的だったりマニアックなものは、ピンポイント過ぎて特定層以外に刺さらずドン引きされる可能性が高く、それを売りにする抜きゲー以外ではあくまで恋愛の延長行為として描かれることが多いので似たり寄ったりで義務的なシーンとなりやすいですかね。そういうシーンならではのヒロインの反応が非常に可愛らしいと感じられたりすることもありますが。

    • G より:

      「まあ、こういう恋愛シミュレーションゲーム的な部分が、オタクではない人から見ると、モテない男性の現実逃避だなんだと言われたり気持ち悪がられる理由の1つだとも思いますが。」
      そういうところはあるんでしょうね。まあ、私的には、恋愛シミュレーションゲーム的な部分も普通に楽しめる私がいますし、現実逃避してる気はしないですがね。それそそれ、これはこれ、作品は作品、現実は現実です。エロゲに限りませんが、ゲームと現実を混同、とかいう話はちょっと私にその感覚はわかりませんでした。

      「エロはあまり変態的だったりマニアックなものは、ピンポイント過ぎて特定層以外に刺さらずドン引きされる可能性が高く、それを売りにする抜きゲー以外ではあくまで恋愛の延長行為として描かれることが多いので似たり寄ったりで義務的なシーンとなりやすいですかね。そういうシーンならではのヒロインの反応が非常に可愛らしいと感じられたりすることもありますが。」
      言ってること、なんとなくですが、よくわかるような。。。エロゲだからとりぜあずHシーン入れときました、みたいなのは若干既視感みたいなのはある時ありますね。

  10. zattsu より:

    初めまして。
    最近二十ウン年ぶりにエロゲをやっています。
    以前にやったのは98DOSの時代というおっさんです。

    サイト主様同様私もシナリオ重視で楽しんでいます。

    気に入ったゲームを布教しようとしましたが、友人のアニヲタには「エロシーン嫌いだから」と拒否されてしまいました。
    まあ無理に勧めるようなものでも無いので彼に勧めるのは諦めました。

    が、私的には「エロ(SEX)も愛情表現の一つなのだから、必要以上に避けるのもナンセンスなのでは」と感じております。
    人間には男と女しか居ないんだし、男と女が居ればそりゃSEXという行為も普通にあり得るわけだし・・・
    まあ確かに必然性の感じられない「エロゲだから取り敢えず」みたいなシーンも少なからずありますけどね。
    そういうシーンは私もスキップしちゃいます。

    またエロシーンでもフィクションですのであり得ない描写とか多々見受けられますが、まあここいらはAVも一緒なので「それはそれ、これはこれ」として楽しめばいいと思っています。

    ただ当たり前ですが「エロゲは面白い!」とは言えないけど「エロゲの中にも面白いものはある」ってのが現実だと思います。
    まだそんなに沢山やっている訳ではありませんし、その中でもいちおうシナリオの評判が良いゲームというものを選んではいますが周りに自信を持って勧められない「う〜ん・・・」てなシナリオの作品も少なくありません。
    まあそれはゲームや映画、小説でも一緒か。

    また一般的には「エロゲ=AVの二次元版」または他の方の書き込みにもあった「もてないキモヲタのオカズ」ってイメージなんじゃないかなと。
    こればっかは口で幾ら説明してもなかなか理解してもらうのは難しいですよね。

    最近エロゲに関する情報をネットで調べたりしていると”衰退”という単語を見掛けます。
    金の集まるところに才能が集まるというのは世の常なので、そうでなくてもニッチな世界なのに・・・とちょっとだけ先行きが心配になります。

    ちなみに私にはパートナーが居るので、SEX=彼女、オナニー=AV、ストーリー=エロゲ、小説等と使い分けています。
    もしかしたら私のような楽しみ方は偏っていて歪なのかも知れませんね。
    必ずしもエロゲである必要は無いのかも知れないから。

    でも私はエロゲ等のテキストベースの表現が好きだったりします。
    台詞とかばんばん飛ばせるし。
    BGMはあった方がいいけど、キャラクターのボイスは「声優が上手くなかったらいらん」です。
    全く無くても大したダメージは無いかな?
    ちなみにアニメは台詞のテンポとか表現とか想像できる余地が少ないので苦手なんです。
    でもエロゲに限らずADVゲームもアニメみたいな市民権が得られるといいですね。

    とりとめもなくつらつらと失礼しました。
    他の記事も含め、楽しませていただきました。
    有難うございます。

    • G より:

      はじめまして!コメントありがとうございます!

      「まだそんなに沢山やっている訳ではありませんし、その中でもいちおうシナリオの評判が良いゲームというものを選んではいますが周りに自信を持って勧められない「う〜ん・・・」てなシナリオの作品も少なくありません。
      まあそれはゲームや映画、小説でも一緒か。」

      そうなんです。「面白いものは面白い」「つまらないものはつまらない」これはどんな媒体だろうと関係なく、共通して言えることのはずです。

      当時から思っていたのは、「エロゲ」という呼称からAVみたいなものと捉えられてしまい、シナリオに力入れているエロゲは不遇な扱いだと感じていました。まあ「エロゲ」なんて呼び方じゃあ無理もないのかな、と思いますが、この辺りについて、少しでも払拭したいと思っていましたし、、今も思っております。文章と絵と音楽が同時に味わえる媒体はビジュアルノベルだからこそだと思うので、なんとか業界には踏ん張ってもらいたいし、私にも何かできることを考えて動いてはおります。

      「ちなみに私にはパートナーが居るので、SEX=彼女、オナニー=AV、ストーリー=エロゲ、小説等と使い分けています。
      もしかしたら私のような楽しみ方は偏っていて歪なのかも知れませんね。」
      私見ですが、全然おかしくないというか、まっとうなのではと感じました。

      ここ最近、ろくにエロゲについて更新やめてるのに、励みになるコメントちょくちょくいただいて、本当にありがたいし、モチベーションになっております。どうもありがとうございます!

      いずれ、ブログも再開しようとは思っているのですが、まだ具体的にどうしていくか考えてるとこです。

  11. なんかいいエロゲはないだろうか より:

    エロゲというか、ノベルゲー・ビジュアルノベルというジャンルが広まりにくい要因の1つとして、面白いかどうかわからないものに対してそこまで時間とお金を使えない、っていうのがあると思います。名作って大体長いです。ほぼ全てのエロゲに体験版があるのは、まずはここまでやってみてくれ。それで面白そうだと感じたり、気に入ったヒロインがいるならば買ってくれ、というものだと考えています。
    古いやつだと体験版が無かったり、スロースタートな作品は難しいですけど。
    最近やたら人気の9-nine-シリーズは1作につきヒロイン1人という分割作品で、単体のプレイ時間が短めで値段が3000円なので安く、始めやすいかと思います。和泉つばすさんの絵はましろ色シンフォニーの頃から好きで、全部入りパック出たらやろうと思っていたのに待てずに4作購入しました。ライターのかずきふみさんも近年よく見かける人で、評判が良いので楽しみです。
     あと、エッチシーンにアニメーションが使われていますね。シナリオゲーだからキャラゲーだからとか関係なく、エロゲーとして発売する以上はそこを楽しみにするユーザーもいると思います。公式サイトでエッチシーンの回数を公開しているところもたまに見かけますし。
    新作を予約購入する機会が増えていますが、エロ無しだったら、値段が安いか、余程クオリティが高いものを作りそうなブランドか、CSゲーム機向けに出すとかでもない限りは、じゃあひとまず様子見で、ってなっちゃいますかね。長文コメント失礼しました。

    • G より:

      いつもコメントありがとうございます!

      「エロゲというか、ノベルゲー・ビジュアルノベルというジャンルが広まりにくい要因の1つとして、面白いかどうかわからないものに対してそこまで時間とお金を使えない、っていうのがあると思います。」

      これはかなりあるでしょうねー。

      エロゲやったことない人に「このエロゲ面白いよ。8000円するけど」って言っても、おそらく大半が買わないでしょうね。体験版は試食みたいなもんですよね。マンガのサンプルにしろ、まずは無料で試してみて、良さそうなら買ってもらう、というのは、道理ですね。

      まあ、私的には、完全なエロゲ初心者に対しては、数本は貸しちゃって全部やってもらう、というのもありだと思ってます。私自身、友人から10本くらい最初借りてやってて、友人のストックが切れたところで、自分で調べてあれこれ買うようになったので。まあ、当時はまだクソガキで業界に対する貢献とかいう意識がなくて無料でできるならそれでいいやとか考えてたので。

      数本もマジで面白いエロゲやれば「エロゲってマジ面白いな。」ってのは実感できると思うので。

      この辺り、メーカーとしては、「良いよ」とはあまり言えないあたりだとは思いますが。やはり長期で見ればエロゲのヘビーユーザーが増えるのは業界にとってプラスなのは間違いないので。

      分割してシリーズにするというのもよいやり方だと思います。なんにせよシリーズにすれば固定ファンがいるん分強いですしょうからね。

      • なんかいいエロゲはないだろうか より:

        10本も一気に借りたんですね。私は目の前の作品に集中したいので、積みゲーはあまり抱え込まないタイプです。テキストを読むペースが非常に遅い(小説を全く読まないのとボイスを重視するからだと思う)ので、批評空間などの平均プレイ時間の1.5倍はかかっている印象です。例えば、さくら、もゆ。はおそらく60時間以上はかかったんじゃないかと。
        最近はシュヴァルツェスマーケンみたいなガチシナリオゲーだったり、今週出るつきかなとカナリアみたいなイチャラブ系であったり、ホラー系の灰暗き時の果てよりだったり、9-nine-シリーズみたいなカワイイ系イラストのキャラゲー寄りシナリオゲー?だったり色々やる予定ですね。←積みゲー抱え込まないとかいいつつ結構あるやつ

        • G より:

          本とか漫画もそうですが、物語を読むペースというのは、人それぞれですよね。

          私の場合、狙ってそうしてるわけではないのですが、気がついたらなんかやたら積んでた、みたいなタイプですねw

          「あれ、これ買ってたか?」

          って昔はよくなってたました。最近は、ダウンロード派に移行してからはあまりなくなりましたが。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください