EVE new generation 感想、レビュー シナリオ凄いけど若干置いてかれる


タイレルラボラトリー制作のゲーム「EVE new generation」の紹介、感想記事を書きたいと思います。 ※PS2版で全年齢版あり、プレイ時間目安:20~25時間

EVE new generation

  ・感動・・・8
・ハマり度・・・10
・キャラ・・・8
・音楽・・・10
・CG、演出・・・8
・総合・・・9

推理物がやりたくなり、EVEシリーズでも定評が高い今作ですが、かなりハマれました。

あらすじ
ある夜、倉庫街にある事務所に帰宅する途中、1人の少女に出会う。少女は彼が探偵だと知り、1つの依頼をもちかけてくる。

『私の記憶を探してほしい…』

その直後、外車から降りてきた男によって連れ去られてしまう。

桂木弥生の協力を得て、少女の身元は判明した。名前は『乃依』。と同時に捜査線上に浮かび上 がってくるいくつかのキーワード。蜂、ブラー、ラベイユ。一件無関係に見えるこれらの点もやがて1本のラインへと収束していく。

そしてそのラインは小次郎をある場所へ導くことになる。

・ストーリーについて(シナリオ:打越鋼太郎)

今作でもburst errorの方であった厄介な捜査システムは健在。

sffasdssadads

burst errorの時とは仕様が少し変更されてますが、ストーリーを読み進める上で少々めんどくさいことは変わりなし。

そんな相変わらずのシステム面の欠点もありますが、やはりシナリオの面白さは相当のものです。 謎が謎を呼ぶ展開でグイグイ引き込まれます 。(特に終盤の方は止まらなかったです)

また、発達心理学などの専門的な話もあったりして、考えさせられたり、なるほどと納得させられるような話もあったりして勉強になります。

テレパシー とかテレポートと言った一見ただの超常現象にも「なるほど。。。」と納得してしまうようななんだか理に適ってると思わせる説明もされたりするのでびっくりしました。

また、プレイしていれば段々分かってくると思いますが、非常に壮大な物語になっているので、とても考えさせられました。

深い話というのもそうですが、大分前ですが「EVER17」をやった時も思いましたが、打越さんの書く物語は推理物として非常に面白いんですが、僕の理解力が足らないせいか、一回プレイしただけだと、「あーなるほどね!」ってスッキリ出来ない程には 複雑と言うか難解です。

「これでもかっ!」ってぐらいに張られた伏線の終盤での怒涛の回収は凄いんですが、疑問も多少、というか割と残るので、いろいろなレビューサイト見て回ってやっとちょっとスッキリ出来る感じです。

原因の一つには多分、僕が「自分で事件を推理する気があまりない。」というのはあると思います。burst errorもそうだと思うんですが、EVEシリーズは 「プレイヤー自身に事件を推理してもらおう」っていう意図があると思うんです。

だから↑で書いたようなめんどくさいシステムになってるんだと思いますが、僕の場合は 「主人公達が事件を解決していくのを見るのを楽しむ」というスタイルになってるんですね、別に意識してる訳でもないんですが。

という訳でただ物語を読むだけでなく、「自分で事件を推理したい!」と思ってる人はEVEシリーズの特殊なシステムも楽しめるのかもしれませんね。

・キャラについて

主要キャラ紹介↓

・天城 小次郎(CV:ワッショイ太郎)

hhghhtr

私立探偵。

かつては桂木探偵事務所に所属して数々の難事件を解決し、名探偵と称されていた。しかし、とある事件をキッカケに事務所を辞めざるを得ななり、今は埠頭にある倉庫街で細々と探偵事務所を営んでいる。

・法条まりな(CV:風音)

5688-61906021

日本の諜報機関、内閣情報調査室(通称:内調)のエージェント。

冴える頭脳と卓越した身体能力を駆使し、これまでに数々の任務をこなしてきた。任務達成率は99%を誇り、エリート揃いの内調でも突出している。

ただし任務のためには命令無視や規律違反も辞さない。

・乃依(CV:春日アン)

5688-1378782565

記憶喪失の少女。

「記憶を探してほしい」と小次郎に依頼を持ちかける。口数は少ないのだが、時折放つ言葉は刺々しく、鋭い切れ味を帯びていた。

情緒不安定な傾向があるが、発作が治まると寡黙な少女に戻る。
黙っているときには人形のようにも見える。

・アルト(CV:春日アン)

5688-1516535733

日銀襲撃事件で人質として捕らわれていた少女。

明るく無邪気で天衣無縫。純真無垢。喜怒哀楽が激しく、常に感情のおもむくままに行動する。

わがままで生意気な女の子でもあるが、どこか憎めない愛嬌も持ち合わせている。

・エフィ(CV:歌織)

5688-724608137

年齢不詳・正体不明のエフィ。
涼しげな目元と清楚な風貌から大人の落ち着いた女性。

児童養護施設ラベイユの園長、そしてNPO団体ブラーの責任者を務めている。

・ミカエル・ベルシュタイン(CV:東慎)

mica_b

ドイツの通信社GPA日本支局編集局社会部部長。

現在、日銀幹部にまつわる黒い噂を追っているというが……。
警察に追われるまりなの手助けをしてくれる。

キャラは全体的に ハードボイルドと言いますか、渋い、大人な魅力があります。

ただ「こいつはヤベェ。」って感じの特別濃いキャラはいなくて、また、特別不快なキャラもいない感じです。

主人公の一人、小次郎 はburst errorの時とあまり変わらず熱い男でかっこいいです。

svsvsdsdsd

一方の主人公のまりなはburst errorの時と比べるとかなり「弱さ」も出てるので、元気でかっこいいまりなが好きな人には「あれ?」ってなるかもしれません。

wfsdfsd

個人的にはburst errorの時から恭子が結構好きだったので、もう少し出番が欲しかった感はあります。

・音楽について(音楽:DOORS MUSIC ENTERTAINMENT)

音楽は渋くて良いですね。推理物で、ハードボイルドな雰囲気漂うこの作品にぴったりなBGMでした。

・CG、演出について(原画:橋本タカシ)

8年くらい前の作品ですが、まあ相応というか、キャラ絵、背景共に古臭くもなく、特別綺麗って訳でもないってレベルです。

hfgdgbbbbnbsfsassf

sdasdasdasadsdsdavsdsds

・まとめ

個人的にはburst errorにも劣らないくらい面白かったです。

弥生や恭子などサブキャラの出番の少なさや面倒なシステム面など不満もありますが、EVEが好きな人や以下の要素を求める人にはとてもおすすめできる作品です。

・ハマる

・ミステリー

・難解、考察しがいあり

・ハードボイルド


PV↑

PS2版↓

名言集はこちら

ちなみに、僕のように「読む事に徹したい。」つまり「システム面がめんどくさい。」って言う方は以下のサイトを参考しながら攻略して行くといくらか楽だと思います。
http://www5d.biglobe.ne.jp/%257Eiaia/ih/gm/1/evex.html


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素晴らしき日々 ダウンロード販売

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です